球場「ビール売り子」たちの可憐でアツい戦い

東京Dで展開中、サントリーのペナントレース

10分足らずで、売り子の1人が戻ってきた。彼女は後ろ向きになり、タンクをステンレス台に載せた。基地チェッカーがタンクのカバーを開けて新しいタンクと詰め替える。この間に、場内チェッカーが売り子にドリンクを渡す。

ドリンクを口にする売り子に「今、何分ペースだよ(同じポジションのライバル会社の)○○ちゃんは何分前に帰ったよ」などと細かく情報を入れる。

タンクを取り替える様子(筆者撮影)

わずか十数秒で詰め替えを終えた売り子たちは、また長い通路を歩いて売り場へと戻っていく。F1のピットもかくや、と思わせる慌ただしさだ。

基地の壁面には大型のモニターが設置されている。

ここには4社のビールや他の飲料の販売数量が刻々と掲示される。売り子たちの販売情報が、手元の端末を通してオンタイムで伝えられるのだ。

裏側で展開されるもう1つの”ペナントレース”

ビールは「出陣」と同時に100杯単位で数字が伸びていく。

サントリーコーポレートビジネスの小澤憲司専任部長(筆者撮影)

そんな中を次々と売り子たちがカラになったタンクを背負って基地に帰ってきて、あっという間に満タンのタンクを背負って戻っていく。

彼女たちの額には汗が光っている。

「サントリーでは、ビールメーカー単位の販売競争とともに、売り子の販売数も競っています。東京ドームの巨人戦、そしてソフトバンクなど他の球団の主催試合の数字もトータルで、年間の杯数を競います。年間販売数の上位は表彰をして、特別賞を出しています」と、小澤専任部長は語った。

プロ野球選手たちが華々しく活躍するスタジアムのスタンドでは、もう1つの”ペナントレース”が繰り広げられているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT