ホーキング博士が遺した逆境に打ち勝つ思考

76歳で死去、車いすの天才の未来を拓く言葉

2018年3月に死去したスティーヴン・ホーキング博士、2017年3月資料写真(写真:AP/アフロ)
難題に直面した時でも、足元を見ずに星を見上げてみよう。
――スティーヴン・ホーキング
これまでメディアや書籍などで公言したホーキングの言葉の中から101のワードをセレクトし、トランスクリエーション(意訳)した後、言葉の教示を解説した桝本誠二氏の著書『ホーキング 未来を拓く101の言葉』。その言葉の中から5つの言葉を抜粋し解説します。

ホーキングが遺した言葉を改めて振り返る

「なんのために生きているのだろうか?」

「自分の価値はなんなのか?」

「どのように生きていけばいいのだろうか?」

「どん底からどうやって這い出したらいいのだろうか?」

こんな悩みを持ったことはないだろうか。このような悩みの解答はないのかもしれない。

希望に満ち溢れた21歳でALS(筋萎縮性側索硬化症)の診断を受けた天才理論物理学者、スティーヴン・ホーキングも同じような悩みを持ったことだろう。彼は、ここからどう這い出して、偉大なる足跡を残したのだろうか。

ホーキングは、1942年1月8日にオックスフォードで生まれた。その日は、「地動説」を唱えた天文学者で物理学者のガリレオ・ガリレイの亡くなった日からちょうど300年後だった。天才は、天才と何か深いつながりがあるのか、ホーキングが亡くなった3月14日は、奇しくも相対性理論を提唱した理論物理学者、アルベルト・アインシュタインが生まれた日と同じだったのだ。

ケンブリッジ大学大学院に入学した次の春にALSとの診断を受け、余命2、3年と告げられた。『ホーキング、自らを語る』(あすなろ書房)で、「どうしてこんな目に合わなくてはならないのだろうか」と当時の心情を吐露している。

その後、「どのみち死ぬ定めなら、多少はいいことをしたい」と気持ちを切り替えた。切り替えたと言っても、割り切れたわけではなく、その運命を甘受したのだ。

愛する女性ジェインとの結婚、三人の子供にも恵まれた。

しかしその陰で、徐々に筋力がやせ細り、昨日までできたことができなくなっていく、その恐怖と隣り合わせだったのだろう。

悲劇はこれだけではない。40代半ばで音声言語能力を完全に失ったのだ。手足の自由だけではなく、声を出す自由まで奪われた。それまでは聞き取りにくいといわれても、自分の声で意思を伝えることができた。

それすらなくしたのだ。それでもホーキングは、前向きだった。難病だけではなく、宇宙という壮大な難問に向き合い、邁進していく。76歳まで物理学の世界だけではなく、政治やカルチャーなど、様々な分野で人を魅了する発言を残した。

苦しいことも、辛いこともあっただろう。しかしホーキングの発言の中には、その苦しさはみられず、そのほとんどにユーモアと哲学が入っている。 

次ページ逆境に打ち勝つための言葉1つ目
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100

AI、宇宙、ロボット…100億円級の資金を調達するベンチャー企業が続々。大企業も投資に熱狂。次のメルカリはどこか、注目ベンチャー100社を紹介。ビジネスヒントはここにある!