「就職ナビで採用」の時代はもう去りつつある

逆求人、社員紹介…台頭する新たな採用手法

社員や内定者からの紹介で採用する「リファラル採用」や、採用者のほうが就活生に声をかける「逆求人採用」を活用する企業が増えている(写真:EKAKI / PIXTA)

企業の採用手法に変化が起きている。「ダイレクトソーシング」という言葉が採用関係者の間で浸透しているからだ。

「就職四季報」特設サイトはこちら

自分の会社に合う人材を自ら探していく手法であり、サイトに登録している学生にメールで打診する「逆求人採用」や、社員など関係者のツテを頼って人材を探す「リファラル採用」がその代表例だ。中途採用で使われることが多いようだが、もちろん新卒採用でも有効である。

今回はHR総研が企業の採用担当者を対象に行った「新卒採用に関する調査」から、ダイレクトソーシングの利用の実態を見ていきたい。

ダイレクトソーシングの一例である、逆求人採用の台頭については、昨年12月7日配信の「もう大量一括の選抜は古い?就職ナビに異変」でも取り上げている。「OfferBox」「JOBRASS」など、逆求人サイトを利用する学生が顕著な伸びを示し、全体の2割程度が利用していた。

「ダイレクトソーシング」の言葉が浸透中

ただこれは2018年卒の学生データ。今年になって驚くべく数字になっている。OfferBoxの場合、7月現在で学生登録者が9.8万人に達している。昨年の登録が最終的に6.9万人だったので、何と4割以上の増加率だ。「JOBRASS」も堅調な数字になっていると思われる。

次ページ4社に1社が活用
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT