1本10億円のワインが誕生する「合理的理由」

なぜこれほど「ピンからキリまで」なのか

ワインの原料は100%ブドウです。通常ワインは、1.2キロ~1.5キロのブドウから約1本(750ml)造られます。3リットル瓶は4本分ですから、4.8~6キロのブドウを使って造られたとすると、10億円ワインの原料ブドウの1キロ当たりの価格は……なんと2億~2億5千万となります。いくら手塩にかけて栽培したブドウでも、1キロ2億円以上はありえないでしょう。

ところが、ブドウがブドウ酒になった途端、あながちありえない話ではないのです。ということは、原料以外の製造コストに秘密があるのでしょうか。

まずは、原料以外の製造コストの差はどこで生じるのか、1例を挙げて見てみましょう。

1000円以下のワインにオーク樽の香りはあり得ない?

ワイナリーを見学して一番目につくもの、それは薄暗いセラーのなかで鎮座するオーク樽です。

オーク樽が1つもなく、ステンレスタンクだけしかないワイナリーだとしたら、少し興ざめですよね。でもすべてのワインにオーク樽が使われているわけではありません。赤ワイン、特に熟成タイプの赤ワインにはオーク樽は不可欠ですが、一部の品種を除いて、多くの白ワインはオーク樽を使わないでも素晴らしいワインに仕上がります。オーク樽は決して安い買い物ではありませんから、使わなくても良いワインができるのならば、それに越したことはありません。

オーク樽の価格もピンからキリまでありますが、平均すると1樽(容量225リットル)フランス産で約15万円、アメリカ産で10万円もします。樽由来の香りや成分は使用すればするほど抽出されなくなるので、いわゆる高級ワインといわれるものは、主に新樽で熟成されることになります。するとどうなるでしょうか?

毎回新樽で熟成されるワインの製造コストは、ステンレスタンクや使い古しの樽で熟成されるワインよりも当然高くなります。つまり、1樽でワイン約300本分ですから、最低でも1本当たり「500円」を製造コストに上積みしないと、樽のコストを回収できないことになるからです(15万円のフランス産オーク樽で計算した場合)。だとしたら1000円以下のワインにオーク樽の香りはありえないはずです。

ところが、です。1000円以下のワインにも、たまに500円クラスのワインにだって樽香がしっかりついていたりします。不思議ですよね。

では種明かしです。樽香のもとは、「オークチップ」です。

次ページオークチップとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT