ワインの「宅飲み」素人はこれだけ知っておけ

おカネのかけ方から保存、味わい方の超基本

何も考えずに選んでいませんか?(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

ワインは嫌いじゃない。

それでもはっきりいって、スーパーやワインショップでどのワインを選んでいいのかわからない。値段による味の違いがわからない。だからいつも「金賞」とか「店長のおすすめ!」っていうPOPのついたものばかり選んで買っている。

そんな方のために、『図解 ワイン一年生』の著者であり、生粋のアニメオタクであり、小さなワイン酒場のオーナーソムリエである小久保尊氏が、“ワイン”という西洋絵画のように複雑でとらえどころのない存在を、まるで8ビットのドット絵を描くかのごとく、オタク目線で単純化して説明します。

普段より、ワインにおカネをかけてみよう!

「安いワインと高いワイン、飲み比べてみても違いがわからない」という人は多いはず。なぜなら、ワインには「わかりやすくおいしいワイン」と「わかりにくくおいしいワイン」があるからです。

ワインに慣れていない人は、たいていジュースっぽい、やや甘い「わかりやすくおいしいワイン」を好みます。「わかりやすくおいしい」ワインはたいていリーズナブルで、高級なワインはたいてい「わかりにくくおいしい」ものです。

いずれにせよ、“おいしいワインに当たる確率”はシンプルに価格に比例します。大事なポイントは「高ければ高いほど、どんどんおいしくなる」わけではなく、「高ければ高いほど、ハズレの確率が確実に減っていく」ということ。

では、どれくらいおカネをかけると味が変わるのか。ざっくりと「これくらいの価格帯だったらだいたい確率は同じ」というランクをご紹介します。

次ページ値段別“おいしいワインに当たる確率”はこれぐらい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT