「初めて出会う日本酒」の味を大体見抜く方法

難しい漢字の羅列も「翻訳」すればカンタンだ

メニューを見て、「漢字だらけで難しい……」と思ってしまうアナタへ(写真:jazzman / PIXTA)
おいしいお酒を選ぶのに、お酒に詳しくなる必要はまったくない――。
ソムリエ兼酒匠(さかしょう)兼バーテンダーという「お酒のプロ」でありながら、そう断言する山口直樹氏。『世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方』の著者でもある山口氏が、ちまたにあふれる「日本酒の間違った通説」をバッサリ斬り捨てます!

 

「日本酒のメニューを見ても、漢字がひたすら続いてあるだけで何が言いたいのかわからない……」

お店に立っていると、お客さんからそんな声をよくいただきます。たしかに、「生酛造り本醸造熟成 生原酒」なんて長いうえに「り」しか平仮名がないし、ウンザリしちゃいますよね。

でも、どうか日本酒をあきらめないでください。名前の要素をひとつひとつ分解して「翻訳」してあげれば、何が言いたいのか、どんなお酒なのか、カンタンに読み解くことができるんです!

「純米酒のほうが本醸造よりうまい」…ではない!

まずは「純米酒か本醸造酒か」「吟醸か大吟醸か」の2つが、翻訳力を身につけるための「最重要基礎単語」になります。

1つ目、「純米酒」か「本醸造酒」か。「純米」はその名のとおり、純粋にお米と米麴だけを使ってつくられた日本酒のことです。お米そのものの甘味や旨味がよく出ます。一方で、お米と米麴に醸造アルコール(簡単に言えば焼酎のようなものです)を添加しているのが、「本醸造酒」。スッキリと飲みやすく、華やかな香りが特徴です。

次ページ大昔の感覚で「まずい」と決め付けていない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。