「とりあえず生ビール」の「生」って一体何だ?

意外と知らないビール業界の裏側

生ビールといえばジョッキに注がれるイメージだが・・・(写真:hide88 / PIXTA)

居酒屋のメニューでよく見かける「生ビール」と「瓶ビール」。改めて「この差は何?」と問われると、皆さんは答えられるだろうか?

ある人は「冷えたジョッキでグーッと飲む、クリーミーな泡の生ビールの方が絶対に美味しい!」と味の差を力説。「瓶ビールのほうが断然お得!」と価格の差を語る人や、「中華や焼き肉には生ビールだけど、おでんの時は絶対瓶ビール!」とシチュエーションの差を論じる人もいる。

「あなたはどっち派?」

訊ねただけで、やれ生ビールだ、やれ瓶ビールだと、これだけで結構話が盛り上がるわけだが、はたしてこの差は一体何なのか?TBSテレビ「この差って何ですか?」(5月10日<日>よる7時)取材班は、謎を解くべく、日本ビアジャーナリストの藤原ヒロユキ氏に話を伺った。

生ビールと瓶ビールに差はない!

藤原氏によると、何と「生ビールと瓶ビールに差はまったくない」という。ジョッキで飲むか、中身をグラスに注いで飲むかの違いだけで、ビールそのものは同じものだという。いやいやいやいや、そんなバカな・・・それじゃ、どっちのキレがいいとか、どっちの喉ごしがどうだとか、散々盛り上がったわれわれはいったい何なのだ?

「現在日本で製造されているほとんどのビールは、瓶・缶問わず、すべて『生ビール』」(藤原氏)なのだという。確かに、各メーカーから売られている様々なビールをよく見ると、しっかりと「生ビール」の表記がある。しかし、そもそも何が「生」なのか。

生チョコ、生めん、生キャラメル・・・「生」とつくだけで贅沢な味わいが楽しめて、何かしら付加価値がついている感じがするが、ビールの「生」って?そして「生ビールじゃないビール」があるとしたら、それは一体どんなビールを指すのだろうか。

そもそもビールは、麦汁にビール酵母を加えて発酵させ、ある程度熟成がすすみ、うまみが十分引き出されたタイミングで酵母を取り除き、それ以降の余計な発酵を止めて完成…となる。日本で最初にビールを製造しはじめた1872年頃からしばらくは、酵母を取り除くための濾過技術の程度が低かったため、加熱処理をして発酵を止めていた。これを「熱処理ビール」と呼んでいた。

次ページ転換した理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。