サントリー、2度の予測ミスはなぜ起きたか

「レモンジーナ」「ヨーグリーナ」の出荷停止

レモンジーナに続きヨーグリーナも出荷停止。どのような販売予測を立てていたのか

「品薄商法というのが目的ではなく、供給量自体がまったく追いついていない。このままでは逆に流通のみなさまにご迷惑をかけてしまうため、出荷停止とした」――。

サントリー食品インターナショナルは4月17日、発売したばかりの「サントリー南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」の出荷停止を受けて会見を開いた。品薄感の醸成を狙ったものでないのかとの質問に、同社の大塚徳明執行役員はこう答えた。

同社は4月1日、予想を上回る注文を理由に「レモンジーナ」の出荷を停止したばかり。立て続けに新商品の出荷を停止したことから、ネット上で"炎上商法"と揶揄されるなど、風当たりは強い。「需要予測を誤ったことに弁解の余地もありません」(小郷三朗副社長)と言うサントリーだが、いったいどのような販売予測を立てていたのか。

レモンジーナの予測は控えめ

3月31日に発売したレモンジーナはわずか2日で出荷を停止したが、もともと4月に70万ケース(1ケース、24本換算)の販売を計画していた。これに対し、姉妹品の「オランジーナ」を2012年に投入した時、初月の出荷実績は100万ケースだった。2014年の年間販売実績は950万ケースで、1カ月平均では約80万本を売り上げている。

店頭に大量に並べたり、宣伝効果もあり、新商品の発売月は一般的に販売量が多くなる傾向がある。姉妹品の初速や直近の販売実績を踏まえても、レモンジーナの70万ケースという計画は控えめだったともいえる。

一方、4月14日に発売した「ヨーグリーナ」は、初月の販売計画を120万ケースで組んでいた。「サントリー 南アルプスの天然水&朝摘みオレンジ」の発売初月(2014年4月)の出荷実績は78万ケースで、市場が昨年より拡大していることを考慮して約1.5倍増やした。「朝摘みオレンジ」の2014年の年間販売実績は440万ケースであり、その3割近くに相当するヨーグリーナの発売初月の計画は、極端に小さい数字とは言えない。

次ページ従来の予測手法が通じない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT