「初めて出会う日本酒」の味を大体見抜く方法

難しい漢字の羅列も「翻訳」すればカンタンだ

書影をクリックするとアマゾン販売ページにジャンプします

【無濾過(むろか)】

旨味をはじめとした雑味が多い、飲みごたえのある黄色いお酒。

「清酒」と呼ばれている透明な日本酒は、仕上げ段階で活性炭素、カンタンに言えば炭の粉を入れて濾過しています。できたばかりの日本酒は黄色みがかっているのですが、色味や雑味(旨味含む)を吸着した炭の粉ごと漉されるため、クリアなお酒になるわけです。

というわけで無濾過とは、「活性炭素を使って濾過していない」ということ。旨味を含めた雑味が残るため、飲みごたえが出ます。

ロックもいけちゃう「無濾過生原酒」

【無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)】

とにかく「濃醇」、そのひと言。

そのまんまですが、「生酒」+「原酒」+「無濾過」=「無濾過生原酒」。火入れせず、加水もせず、活性炭素も入れずに、濃醇になる要素を「全部乗せ」してつくられた、「淡麗辛口」の正反対の味です。

日本酒はストレートで飲むのが一般的ですが、アルコール度数が高く味も濃厚な無濾過生原酒は、ロックもいけます。氷が少しずつ溶けて「加水」と同じ役割を担い、飲みやすくなるのです。

【山廃(やまはい)&生酛(きもと)】

ヨーグルトのような酸味が「ワインっぼい」と女子にも人気。

どちらも昔からのこだわりの製法でつくられていますが、少しマニアックになりますので、ここでは割愛します。味は、わずかに山廃のほうがコクが強いものの、実は大きな差はありません。

まずはシンブルに理解してもらうためにあえて言い切れば、山廃と生酛の味はだいたい同じと思ってもらってけっこうです。

……いかがでしょう? これまで「難しすぎる!」「なんとなくしかわからなかった」という皆さんにも、もう一歩踏み込んで日本酒を楽しんでいただければうれしい限りです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT