1本10億円のワインが誕生する「合理的理由」

なぜこれほど「ピンからキリまで」なのか

ワインは「ブドウ果汁だけで造られる」。ブドウ酒というくらいですから、当たり前といえば当たり前なのですが、日本酒やビールと比べてみると、ワインの「特殊性」がわかります。

日本酒の原料は「米」、ビールの原料は「麦芽」や「ホップ」。ブドウのようにいくら絞っても、液体になりません。

では、どうするのか? 「水」を加えるのです。品質がつねに一定している大量の「水」を加えることで液体になるので、品質を一定に保ちながら、繰り返し大量生産することが可能になります。同じ銘柄のビールが、いつ飲んでも味が変わらないのはそのためです。

その点、ワインは「水」を一切加えずに、品質がつねに一定ではない果汁100%で造るので、日本酒やビールのようにはいきません。つまり、ワインは基本的に「同じものは2度とは造れない」のです。

もう1つ重要な「特殊性」。それは、瓶詰め時の状態にあります。日本酒もビールも品質がピークを迎えた時、すなわち製品として「完成品」となった段階で瓶詰めされます。瓶詰めをした時点が1番おいしくて、時間が経つにつれて品質は下り坂になります。

一方のワインはというと、ほとんどの白ワインや早飲みタイプのデイリーワインは別として、瓶詰め時点では「今飲んでもおいしい(またはあまりおいしくない)が、これから先にもっとおいしくなるであろう」というピーク前の状態、つまり、いまだ発展途上の「未完成」状態で瓶詰めされることになります。

「希少性」と「投機性」

これらのワインの「特殊性」から、ワインの価格を押し上げる2つの要素が生まれることになります。

それは「希少性」と「投機性」です。

「同じものは2度とは造れない」から、評判の良いワインは必然的に需要過多になります。売り切れても諦められない消費者は、プレミアムを払ってでも買おうとします。すると次第に市場での価格が上昇していきます。

『ビジネスの武器としての「ワイン」入門 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ワイナリー側としても、毎年発売後にすぐに売切れが続くと、極端な話、1年間売るものがなくなってしまいます。そこで、在庫を少しでも長く持たせるために、製造コストに関係なく値上げをするワイナリーも出てきます。

「これから先に、もっとおいしくなるだろう」このような期待値をふくらますことができるのが、ワインという稀有な商材です。ヴィンテージ・チャートや評論家の評価一つで、市場価格が大きく変動する「投機性」のある商材に、もはや製造コストの概念はありません。

この「希少性」と「投機性」を兼ね備えたワインは、「いくらで売れば利益が出るのか」という発想ではなくて、「いくらまでなら(値上げをしても)売れるのか」、つまり「言い値」と言ってもいいのかもしれません。

もちろん、ほとんどのワインの価格が、製造コストに適切なマージンを乗せたものであるはずですが、1本数十万から100万円以上するようなワインの価格の中には、残念ながら「希少性」と「投機性」を盾に、「言い値」になっているものもあるようです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT