1本10億円のワインが誕生する「合理的理由」

なぜこれほど「ピンからキリまで」なのか

オークチップとは、オークの樽材をチップ状にしたもの、すなわち木片のことです。この木片をまとめて袋に入れて(目安としてリッター当たりオークチップが4g)ティーバッグのようにワインの入ったステンレスタンクに投入するのです。すると1週間くらいで少しずつ樽香がワインに溶け込むというわけです。

大金を払って樽を購入しなくても、この「オークチップ」さえあれば、ステンレスタンクの中で眠るワインがお安く、そして手っ取り早く樽香のついたワインへと変身するのです。

やや人工的に感じるかもしれないが…

もちろん本物の樽の中でじっくり時間をかけてつけられた樽香とは違い、やや人工的な樽香のように感じますが、それはそれで致し方ないことかもしれません。逆に、そうでなければ樽メーカーだって困ってしまうことになるでしょう。

この「オークチップ」、日本では今までワインでの使用は認められていませんでしたが、今年の4月に使用が解禁になりました。今後は「オークチップ」で樽香をつけた、低価格の日本ワインが出回ることになるかもしれません。

新樽を使う、使わないで製造コストが1本に付き「500円」も違う、それってすごいですよね!と言いたいところですが、こんな声も聞こえてきそうです。

「新樽を使う、使わないで製造コストが違ってくるのは当然わかるけど、同じ品種で同じヴィンテージのワインなのに、片方は5千円で、もう片方は5万円。この差って、「500円」うんぬんじゃないと思うけど、いったいどういうこと?」

鋭いご指摘ですね。たしかに5千円クラスのワインならば、新樽を使っている可能性は大ですし、そもそも価格差が4万円以上もあるのですから、「500円」分の差が、あろうがなかろうが関係ないわけです。

いったん原料ブドウの話に戻りますが、たとえば1本の樹に成らせるブドウの量を極端に制限したり(量が減るほどブドウ1粒あたりに行きわたる養分が凝縮されます)、搾汁率(ブドウまたはもろみを搾ってどれだけの果汁または赤ワインを取るか)を低く抑えたりすることで、できるワインの量が少ない分、当然コストは高くなります。それでも数万円の差が生まれる理由としては、新樽使用の有無同様、考えにくいものですよね。

次ページ価格は単純にコストを積み上げて算出されるものではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT