井上 雅夫(いのうえ まさお) Masao Inoue
オリーブプロジェクトJAPAN代表取締役、醸造家、ワイナリーコンサルタント

1957 年生まれ。ゴールデンゲート大学院修了(MBA)。
大手旅行会社、百貨店ニューヨーク支店長を経て、カリフォルニアワイナリー、Sycamore Creek Vineyards代表取締役&CEOに就任。
ワイン醸造家としても活躍し、2001年国際ワインコンクール(Monterey Wine Competition)にて、自ら醸造したメルローが、赤ワイン部門のグランプリを受賞。
2005年帰国後、盛田甲州ワイナリー取締役営業本部長に就任。
2007年カリフォルニアワイナリー、KENZO ESTATEの立ち上げ責任者のオファーを受けて、ワイナリーコンサルタントとして独立し再渡米。
その後は複数のワイナリーで、醸造、立ち上げのコンサルティングを行っている。
現在は、山梨県勝沼の老舗ワイナリーの工場としてもワイン造りに励んでいる。著書に『ワインづくりの心得を生かす 部下を酸化させない育て方』(実務教育出版)がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT