「住みよさランキング」富裕度トップ30都市 利便度、安心度、快適度のランキングも公開!

✎ 1〜 ✎ 44 ✎ 45 ✎ 46 ✎ 最新
拡大
縮小

居住環境の整備具合などを示す「快適度」は、東松島市(宮城)が2年連続の1位となった。仙台市と石巻市の間、仙台市から北東30kmの太平洋沿岸に位置。石巻市と隣接し、広域石巻圏の西端にあたる。

東日本大震災では津波による大きな被害を受けたが、ハード面の復興が進み、「世帯当たり新設住宅着工戸数」が7位、「人口当たり都市公園面積」も11位。人口の社会増加率(転入、転出による流入超過率)が高く、「転入・転出人口比率」は昨年から順位を上げて87位となり「快適度」2年連続1位となった。

転入1位の福津市が次点に

2位は昨年3位から順位をひとつ上げた福津市(福岡)。福岡・北九州両政令市の中間に位置し、通勤・通学に便利な住宅都市である一方、豊かな自然も残り、温暖な気候を利用した農産物の栽培も盛ん。人口の伸びが大きく、「転入・転出人口比率」は1位。「世帯当たり新設住宅着工戸数」も昨年から順位を落としはしたが、19位と高い水準にある。

3位はランキング総合1位の印西市(千葉)。もともと高い「転入・転出人口比率」をさらに伸ばして7位とし、「快適度」の順位を上げた。

次ページ「住居水準充実度」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT