「住みよさランキング」富裕度トップ30都市

利便度、安心度、快適度のランキングも公開!

居住環境の整備具合などを示す「快適度」は、東松島市(宮城)が2年連続の1位となった。仙台市と石巻市の間、仙台市から北東30kmの太平洋沿岸に位置。石巻市と隣接し、広域石巻圏の西端にあたる。

東日本大震災では津波による大きな被害を受けたが、ハード面の復興が進み、「世帯当たり新設住宅着工戸数」が7位、「人口当たり都市公園面積」も11位。人口の社会増加率(転入、転出による流入超過率)が高く、「転入・転出人口比率」は昨年から順位を上げて87位となり「快適度」2年連続1位となった。

転入1位の福津市が次点に

2位は昨年3位から順位をひとつ上げた福津市(福岡)。福岡・北九州両政令市の中間に位置し、通勤・通学に便利な住宅都市である一方、豊かな自然も残り、温暖な気候を利用した農産物の栽培も盛ん。人口の伸びが大きく、「転入・転出人口比率」は1位。「世帯当たり新設住宅着工戸数」も昨年から順位を落としはしたが、19位と高い水準にある。

3位はランキング総合1位の印西市(千葉)。もともと高い「転入・転出人口比率」をさらに伸ばして7位とし、「快適度」の順位を上げた。

次ページ「住居水準充実度」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。