子どもの「本当の才能」を"観察"しない親たち

「好き」や「得意」の延長に"才能"はあるか

野球で高校進学を考えていますが、自覚と危機感がまったくありません(写真:m.Taira/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

初めまして。中学2年の息子のことでご相談です。クラブチームで野球をしています。小学生まで成績は良かったのですが、中学になって悪くなる一方です。いくら本人に諭しても、やる気はあると自分では思っているようです。野球で高校進学を考えていますが、自覚と危機感がまったくありません。トイレに問題を貼り付けたり、携帯やゲーム、テレビを禁止しました。息子を追い込んでいるようで、毎日が辛いです。
野球に関しては、幼稚園から夢はぶれておらず、本気だとは思います。けれど、その夢を叶えるためには、野球だけでは無理なこと、今の状態だと夢は叶えられないこと、どうしたら息子に伝わるでしょうか。また、私からああしなさい、こうしなさいと言わず、自分で気がつくことができるでしょうか。勉強の大切さ、継続力を身に付けさせるためには、親は何をしたらいいのでしょうか。アドバイス宜しくお願いします。
(仮名:松本さん)

辛いというのは、その方法が間違っているということ

かなり苦しいお立場にありますね。でも子どものことを考えるとそのようになる気持ちもよくわかります。それが親心というものですから。

しかし、毎日が辛いということは、その方法は間違っているということなんです。それに気づいているから、松本さんはこのようなご質問をされたのでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

松本さんへのアドバイスの前に、お書きいただいた質問について、はじめにお答えしておきます。

1)(質問その1)その夢を叶えるためには、野球だけでは無理なこと、今の状態だと、夢も叶えられないことをどうしたら、息子に伝わりますか?

(回答その1)そのようなことを伝えることをやめたほうがいい

2)(質問その2)私からああしなさい、こうしなさいと言わず、自分で気がつくことができるでしょうか?

(回答その2)「ああしなさい、こうしなさい」と親が言わないから子どもは自分で気づくようになるというのが正しい

3)(質問その3)勉強の大切さ継続力を身に付けさせるためには、親は何をしたらいいのでしょうか?

(回答その3)何もしないほうがいい

質問と回答を比較いただくとわかると思いますが、松本さんの期待を裏切るような回答になっています。つまり、松本さんが考えていること自体が、すべてあるべき方向とは真逆であるということなんです。だから、回答はこのようになります。松本さんが日々辛くなる背景はここにあるのです。

次ページ子どもから見たら、大きなお世話
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。