車いすバスケの雄、フェンシング転身の理由

2020東京五輪目指す安直樹を乙武洋匡が直撃

車いすバスケから引退した背景とは?(撮影:友清 哲)
14歳のとき、左足股関節骨を治すために受けた手術に医療ミスが発生し、以降の人生を障害者として生きることとなった安直樹選手。当然、大きなショックを受けたものの、心身ともに逞しく再生し、ジュニア時代から車いすバスケのトップ戦線で活躍するまでになりました。
その後、日本選手として初めてイタリアリーグでプレーし、車いすバスケを「イスバス」の通称で世の中に広めた立役者でもある安選手ですが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、20年以上のキャリアを持つ車いすバスケから引退を表明。車いすフェンシングへの転向を表明したのは、2015年のことでした。
トップ選手の異例の挑戦。その背景にはどのような思いがあったのか? 乙武洋匡が直撃します。

車いすバスケ時代、海外でのプレーを望んだ理由

乙武洋匡(以下、乙武):安選手と初めてお会いしたのは、2011年の「マルハン World Challengers」でしたよね。パチンコ機器メーカーのマルハンが主催するアスリート支援の公開オーディションで、私はその審査員でした。当時の安選手は車いすバスケの選手で、まさかその数年後に車いすフェンシングに転向しているなんて、夢にも思いませんでした(笑)。

この連載の一覧はこちら

安直樹(以下、安):そうでしたね。あれ以来のご縁で、こうしてたびたびお話しさせていただけるのは嬉しいことです。

乙武:安選手との初対面はよく覚えていて、会場のトイレですれ違ったんですよ。なんだかイカツイのが来ちゃったなと体を硬直させていたら、「今日はよろしくお願いします!」と爽やかにあいさつをされて、その腰の低さに驚いたんです。

:あの頃、僕はスキンヘッドでしたからね(笑)。競技の性質上、体も今よりもっと大きかったですし。

乙武:安選手は車いすバスケ時代、海外でのプレーもたくさん経験されてきました。車いすフェンシングの話をする前に、当時のことを少しお聞きしてもいいですか。

次ページアメリカに渡って感じたのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。