統計に出ない40歳以上の「引きこもり」の現実

親の高齢化、8050問題、サポートの壁…

壮絶なひきこもり経験を語る牧野さん(仮名)。いま思い出してもつらい記憶に変わりはない(写真:週刊女性PRIME)

数字は鵜呑みにできない。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

2011年と2016年に内閣府が行ったひきこもりの実態調査。2011年に70万人だったひきこもりが、2016年は54万人と16万人も減少したのだが、そこには調査のからくりがある。

背景にある「8050問題」とは

「ひきこもりは不登校からの延長が多く、青少年問題ととらえられています。国の調査対象も39歳まで。40歳以上のひきこもりはカウントさえしていない状態です」

と、特定非営利活動(NPO)法人『KHJ全国ひきこもり家族会連合会』のソーシャルワーカー・深谷守貞さん。

実態把握に向け、内閣府が重い腰を上げる。今年度に40~59歳を対象にした初の実態調査を行うことを決めた。

その背景には『8050(はちまるごーまる)問題』がある。80代の親の年金や貯蓄に、50代の子どもが依存している現実。親の介護、親の死が訪れればあっという間に崩れ去る将来性のない暮らし……。

前出・深谷さんは、

「KHJで実施した最新調査では、ひきこもりの平均年齢は34・4歳で年々上がっています。ひきこもりを始めた年齢はだいたい20歳くらい。そのころは若く収入もある親も、やがて高齢化します」

深谷さんはひきこもりを「自ら人間関係を遮断している状態」「自分自身を軟禁状態にしている状態」と定義する。そこに隣近所や社会の見る目が加わると、

「ひきこもりは自己責任論が根強く、“本人がいつまでも親のすねをかじっている”と言われたり、親も“自分の育て方が悪かったのではないか”と思い悩んでしまう」(前出・深谷さん)

その結果、地域社会からも孤立することになる。

今年1月、札幌市で「8050問題」を象徴する事件があった。アパートの一室で、82歳の母親と52歳の娘の遺体が発見された。娘は長年ひきこもりで、母親が亡くなった後に衰弱死したとみられる。

次ページ経験者の話
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。