開幕1カ月、西武の独走支える強力打線の存在

プロ野球解説者「礒部公一連載コラム」第一弾

特に、昨年からキャプテンに任命された浅村選手。若い頃はヒットやホームランを打ちたいがために、自分勝手な打撃をしている感が見受けられたのですが、近年では状況判断打撃の打席を多く見掛けるようになってきました。キャプテンとしての自覚と責任感が見て取れます。

開幕前は投手陣が弱い印象を受けていましたが、打線が活発で点を取ってくれるからこそ、投手陣は最少失点に抑えておけば逆転してくれるという安心感が生まれてくる。これぞまさに相乗効果ですね。

この状況判断打撃、実はセ・リーグ連覇(2016・2017)をした今年のカープ打線にも同じことが言えます。田中、菊池、丸、この3人も、状況判断打撃のお手本ですね。

楽天イーグルス不振の要因は

対して、私の古巣、東北楽天ゴールデンイーグルスについては、やはり触れておかなければいけません。5月2日の試合終了時点で7勝19敗1分とパ・リーグ最下位に沈んでいます。

まさに先日(4月30日)、不振にあえぐチームの救済措置としてコーチ陣の配置転換が報道されましたが、OBである私から見ても目を覆うような試合が続いています。

まずいちばんの要因は、皆さんも推測されているとおりです。そう、打撃陣の低迷ですね。

2017年は、開幕投手に指名されていた岸投手がインフルエンザにかかり、則本選手はWBC出場のためにNPB開幕には調整が間に合わなかった。

以下の理由から投手陣が不足し、“打ち勝つ野球”をキーワードに掲げ、ペゲーロ選手を2番打者に置いてシーズンに臨んだところ、それがハマっていいスタートダッシュが切れたのです。

しかし今年は、昨年右ひじを手術をした茂木選手の調整不足に重ね、徹底マークされた外国人3選手が機能せず、いわば先述の西武打線とは真逆の、負のスパイラルに入ってしまっているように見受けられます。

そして、さらに言うならば、昨シーズン活躍した日本人選手にも「自分がやらなければ」というプレッシャーがかかり、本来の中心選手への“つなぎの野球”が、今年はまだできていないように見えます。

しかし、まだまだ序盤。なにより、いくら負けが越しても戦わなければいけないのがプロです。なんとか踏ん張ってほしい。

次の配信は2週間後。それまでに楽天の復調も期待しておきましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。