セ・パ交流戦、勝敗を左右する心のバランス

今年もパ球団が順調な滑り出しだが、楽天は?

6月3日の試合で5連敗を喫し、肩を落とした松井(右から2人目)ら楽天ナイン=楽天生命パーク(写真:共同通信社)
当連載では、元プロ野球選手の礒部公一氏が自身の経歴を振り返りつつ、盛り上がりを見せるセ・パ両リーグについて、プロ野球解説者の視点からお伝えします。第3回である本稿では社会人野球時代に感じたことと、5月末から始まったプロ野球セ・パ交流戦の滑り出しについて解説をしていきます。

皆さんこんにちは。プロ野球解説者の礒部公一です。

さあ、日本ではいよいよ初夏の風物詩、セ・パ交流戦がスタートしています!

この連載の一覧はこちら

選手時代、パ・リーグ出身の私からしてみれば、セ・リーグチームとの対戦は非常に楽しみでした。

何故ならば、ここで活躍すれば、セ・リーグの絶大な人気にあやかれるからです! 当時はこの交流戦こそ、自分の名前を売ることができる最大のチャンスだと思っていました(笑)。

今はもう、パ・リーグはセ・リーグに劣らぬ人気を誇りますから、今の選手はまた、違う気持ちで試合に臨んでいることでしょう。

などという現状に関してはまた後ほどとして。今回も当コラム恒例になった、私の半生の振り返りからお話しさせてください。

社会人野球で決心したこと

高校卒業後、私は社会人野球を進路に選びました。三菱重工広島への採用も決まり、社会人としての一歩を踏み出したのです。

与えられた職場は事務職の総務部勤労課。私の時代の三菱重工広島は、午前中に会社勤務、午後からは野球と、半会社員・半野球選手な生活でした。

知らない人からしてみると、社会人野球の選手は、会社の仕事なんてなにもせず、野球だけしているようなイメージかもしれません。しかし、私の場合はちゃんとデスクに向かっていました。

一方で、本業の野球では、同期でも大学出身者がいたり、30歳を超える先輩方もおられ、高校時代とは違ったレベルの高さに改めて驚きましたが、そんな中で一日でも早くレギュラーを取り、活躍できるように努力しました。グラウンドで最後まで残ってバッティングをしたり、寮に帰ってからも夕食後にスイングをしたり。ここまでの野球人生の中では、とにかく一番練習をしたのがこの時期だったと思います。半分やらされた感はありましたが(笑)、寮ですし、逃げられませんしね(涙)。

しかし、漫然と野球をしていたわけではないのです。

私はこの三菱重工広島に入社するとき、ある決意を心に決めていました。それは、3年やって結果が出なければ野球をきっぱり辞める、ということ。3年目にはレギュラーとして毎試合出場するレベルの選手になっていましたが、その決意は変わりませんでした。そして、節目であるその3年目に突入したとき、大きな出来事が起こったのです。

次ページこの年に広島で開催されたこと
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。