米朝会談は「そもそもの前提」に不安がある

非核化交渉の対象は「北朝鮮」?「朝鮮半島」?

つまり、北朝鮮が「非核化」の代償として求めているのは「安全確保」である。一方、国際社会が北朝鮮に対する「安全確保」の代償として求めているのは、「北朝鮮の非核化」である。このような関係にあるのに、あえて「朝鮮半島の非核化」とすると焦点がぼやけてしまうことになる。

これまでの交渉では「朝鮮半島の非核化」とすることが多かった。たとえば、2005年9月の6者協議共同声明も「朝鮮半島の非核化」と銘打った。各国の専門家が協議した結果であり、彼らは関連する問題をすべて盛り込んで協議が複雑になっても対処可能だった。

しかし、米朝の首脳にとってはあまりにも細かすぎるし、あまりにも専門的だ。米朝首脳会談を成功させるには、交渉を複雑化することを避け、究極のディールである「北朝鮮の非核化」とその代償である「北朝鮮の安全確保」に焦点を当てるべきだろう。

トランプ大統領と金委員長はともに強く個性的な人物であり、事務方の事前準備の上に立って会談するのではなさそうであり、この会談の去就はいちじるしく不透明であるが、それだけにこのディールが成立する可能性が大きくなるとも考えられる。

拉致問題の解決につなげるには?

では日本はどのように対応するべきだろうか。日本にとっては拉致問題の解決こそが、最重要テーマである。拉致と非核化は別の問題だが、「北朝鮮の非核化」では取り上げられる可能性は低く、「朝鮮半島の非核化」であれば取り上げられるチャンスが出てくると考えられる。

となると、日本としては「朝鮮半島の非核化」を押すべきなのだが、この局面ではそうとも言い切れない。「朝鮮半島の非核化」を目指すことにすれば、扱う問題が広がる分だけ交渉が複雑になり、合意達成がそれだけ困難になるからだ。いずれにしろ、米朝の動きを注視しながら拉致問題の解決に向けて積極的な発言をしていくべきだろう。

関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。