北朝鮮が「米朝会談」にやけに乗り気な事情

主導権を握っているのは金正恩だ

金正恩氏が突然「米朝会談」に乗り気になった理由とは(写真:KCNA via ロイター)

長らく停留していた朝鮮半島の「平和列車」が突然発車し、専門家たちを唖然とさせている。運転手は北朝鮮の若きリーダー、金正恩氏、乗客を喜んで迎え入れる車掌は、韓国の文在寅大統領だ。

客車の先頭には、そわそわと落ち着かないドナルド・J・トランプ米大統領が見える。その2、3列後ろには、静かな笑みをたたえた習近平国家主席。そして客車の最後部の列には、明らかに不満気な安倍晋三首相が、座席のひじ掛けをしっかりとつかみながら座っている。

2つのハッキリとした事実

平和列車はどこへ向かうのだろうか? 誰も本当のところはわからない。列車は容易に脱線し得る。そして平和でなく、戦争へと導くかもしれない。しかし2つの事実だけはハッキリしている。1つは、これは北朝鮮が運転し、北朝鮮が方向を決めている列車であること。そしてもう1つは、現在のところ、専門家が賛成か反対かにかかわらず、ほかの選択肢はないということだ。

どちらに関しても日本政府は深く懸念しており、その現実をまだ十分には受け入れていない。安倍首相は、客車の先頭に移動してトランプ大統領の隣に座り、おそらくは列車の方向を変えるために最大限の努力をすることだろう。しかしそれは成功しそうにない。

米国は自分たちが列車の主導権を握っていると信じているが、これは朝鮮問題だ。その現実は、韓国の官僚たちが米国大統領の決定を報告すべくホワイトハウスの前で記者会見を行ったことでも明らかだ。

この瞬間へと導く道は、2017年7月6日にベルリンで始まった。そこで文大統領が重要な演説を行い、平和交渉の再開を呼びかけ、やがては朝鮮再統一へと導く連携に向けての入念な計画を提示したのだ。

「以前から私は、韓国が運転席に座り、近隣諸国と連携して、朝鮮半島問題をリードしなければならないと主張してきた」と文大統領は述べた。そして、トランプ大統領と金氏が侮辱や脅迫をしあう中、朝鮮半島における戦争の話が拡大していると言及した。

次ページ北朝鮮の背中を押したのは
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。