五輪実況と「戦時中の標語」には共通点がある

国民に刷り込まれる「単純な言葉」の数々

冬季オリンピックから、哲学者の筆者が感じたことを今回はお伝えします(写真:simonkr/iStock)

冬季オリンピックも終わりました。私は、全然熱心な観戦者ではないのですが、いろいろ考えさせられることもあります。第一に、なぜ人はこれほど「戦いたい」のか、ということ、そして第二に、なぜこれほど「勝ちたい」のかということです。よく考えてみれば、生活の基本にほとんど必要のないこと(メダル)を目指して、それこそ命を懸けるのか、ということ。これは、芸術にしても学問にしても同じかもしれませんが。

4回転ジャンプに失敗しても死にはしない

本当の戦争なら、わからないこともない。それこそ勝ち負けは生死を決することだからですが、4回転ジャンプができなくても、スキーのジャンプで長い距離を飛べなくても、明日から生きられないわけではない、殺されるわけではない。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、なぜか人はそういう状況に置かれると、それが人生の絶対的な価値となってしまう。その理由は、私にもわからず、たぶん本人に聞いてもわからないと思いますが、哲学者らしく(?)ここ30年間考えていることです(参考:拙著『人生を〈半分〉降りる』ちくま文庫)。

私は、どうも勝つことは醜いと思っており、勝つと自責の念に打ちひしがれ、といって負けたくもなく、いつも勝って「かつ」負けたいと思っている。そのせいか、私の人生はまさに勝ちつつ負け、負けつつ勝ってきた感があります。さて、すべての選手が血のにじむような努力を重ね、その結果、勝った者は、その勝利がかなりの度合い「運」によっていることを知っているからこそ、とても謙虚になる。これは、感動的なことです。

次ページ勝者に許されて敗者に許されないこと
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?