五輪実況と「戦時中の標語」には共通点がある

国民に刷り込まれる「単純な言葉」の数々

冬季オリンピックから、哲学者の筆者が感じたことを今回はお伝えします(写真:simonkr/iStock)

冬季オリンピックも終わりました。私は、全然熱心な観戦者ではないのですが、いろいろ考えさせられることもあります。第一に、なぜ人はこれほど「戦いたい」のか、ということ、そして第二に、なぜこれほど「勝ちたい」のかということです。よく考えてみれば、生活の基本にほとんど必要のないこと(メダル)を目指して、それこそ命を懸けるのか、ということ。これは、芸術にしても学問にしても同じかもしれませんが。

4回転ジャンプに失敗しても死にはしない

本当の戦争なら、わからないこともない。それこそ勝ち負けは生死を決することだからですが、4回転ジャンプができなくても、スキーのジャンプで長い距離を飛べなくても、明日から生きられないわけではない、殺されるわけではない。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、なぜか人はそういう状況に置かれると、それが人生の絶対的な価値となってしまう。その理由は、私にもわからず、たぶん本人に聞いてもわからないと思いますが、哲学者らしく(?)ここ30年間考えていることです(参考:拙著『人生を〈半分〉降りる』ちくま文庫)。

私は、どうも勝つことは醜いと思っており、勝つと自責の念に打ちひしがれ、といって負けたくもなく、いつも勝って「かつ」負けたいと思っている。そのせいか、私の人生はまさに勝ちつつ負け、負けつつ勝ってきた感があります。さて、すべての選手が血のにじむような努力を重ね、その結果、勝った者は、その勝利がかなりの度合い「運」によっていることを知っているからこそ、とても謙虚になる。これは、感動的なことです。

次ページ勝者に許されて敗者に許されないこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT