「無意味で過剰」な放送が日本にあふれる理由

駅ホームで「京都、京都です」の放送は必要か

日本にはあらゆるスピーカー音があふれている(写真:萬名 游鯏 / PIXTA)

ここ数回、日本中にあふれる(主に)スピーカーから発せられる注意・警告・感謝・宣伝などの「音」の問題を扱っていますが(17年9月22日配信『日本で「お節介な注意放送」が流れる根本理由』)、「コメント」の中には、まるで的外れな批判や意見が多く、それらに順次丁寧に答えていこうと思います。

まず、エスカレーターの放送が「ある」のは、エスカレーター事故があったときのための設置者側の責任回避(軽減)のため、という意見は完全な間違いです。というのは、私が問題にしているのは、あの「エスカレーターにお乗りの際は、ベルトにつかまり……」という繰り返しのテープ音という手段であり、これを廃止して視覚的な掲示だけでも、(視覚障碍者用にエスカレータの場所を教えるピーン・ポーンという音だけを残せば)必ずしも裁判で負けないだろうからです。

事実、ごくたまにエスカレーター事故がありますが、その多くは、逆走はじめエスカレーターの機能不全のための事故であって、利用者全員が「手すりにつかまらなかった」ための事故など聞いたことがない。

放送を流す「主体」に抗議し、取材してわかったこと

この連載の記事一覧はこちら

それにもかかわらず、デパートなどがこの放送を流すのは、もっと「深い」理由があるようです。これは、100以上のエスカレーターの放送を流す「主体」に抗議し取材してわかったことですが、千葉市の某デパートでは、私が抗議すると例外的にこの放送をやめてくれたのですが、数カ月するとまた入っている。そこで総務部長に「なぜか?」と問いただすと、その後エスカレーターで子どもの事故らしきものが起こり(子どもが勝手に遊んでいたのですが)、そのときに保護者がエスカレーターの放送がないことを強く抗議したので、再開したということ。

いいでしょうか? 裁判の問題ではなく、利用者の感情の問題であり、「われわれはたとえ裁判で勝っても、お客が来なくなると困るのです」としみじみと言った彼の言葉が忘れられません。

つまり、われわれの運動が難しいのは、法律レベルの問題ではなく、まさに周囲の他人たちの大部分が、基本的にこの放送を望んでいるという厳しい「現実」に直面するからです。いまやほとんどの駅ホームに流れる「駆け込み乗者はおやめください」という放送も、30年前にはなかったのですが、駆け込み乗車により事故が起こると、当人は、たとえ明らかに自分に責任があるとしても絶対に許さない、という話をある駅長に聞いたことがある。酒を飲んでホームから転落しても駅員たちを攻撃し、かすり傷程度の事故でも、ものすごい剣幕で治療費を要求し……という話も聞きました。

次ページスピーカー音を望んでいるのは、実は国民
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。