「無意味で過剰」な放送が日本にあふれる理由

駅ホームで「京都、京都です」の放送は必要か

日本にはあらゆるスピーカー音があふれている(写真:萬名 游鯏 / PIXTA)

ここ数回、日本中にあふれる(主に)スピーカーから発せられる注意・警告・感謝・宣伝などの「音」の問題を扱っていますが(17年9月22日配信『日本で「お節介な注意放送」が流れる根本理由』)、「コメント」の中には、まるで的外れな批判や意見が多く、それらに順次丁寧に答えていこうと思います。

まず、エスカレーターの放送が「ある」のは、エスカレーター事故があったときのための設置者側の責任回避(軽減)のため、という意見は完全な間違いです。というのは、私が問題にしているのは、あの「エスカレーターにお乗りの際は、ベルトにつかまり……」という繰り返しのテープ音という手段であり、これを廃止して視覚的な掲示だけでも、(視覚障碍者用にエスカレータの場所を教えるピーン・ポーンという音だけを残せば)必ずしも裁判で負けないだろうからです。

事実、ごくたまにエスカレーター事故がありますが、その多くは、逆走はじめエスカレーターの機能不全のための事故であって、利用者全員が「手すりにつかまらなかった」ための事故など聞いたことがない。

放送を流す「主体」に抗議し、取材してわかったこと

この連載の記事一覧はこちら

それにもかかわらず、デパートなどがこの放送を流すのは、もっと「深い」理由があるようです。これは、100以上のエスカレーターの放送を流す「主体」に抗議し取材してわかったことですが、千葉市の某デパートでは、私が抗議すると例外的にこの放送をやめてくれたのですが、数カ月するとまた入っている。そこで総務部長に「なぜか?」と問いただすと、その後エスカレーターで子どもの事故らしきものが起こり(子どもが勝手に遊んでいたのですが)、そのときに保護者がエスカレーターの放送がないことを強く抗議したので、再開したということ。

いいでしょうか? 裁判の問題ではなく、利用者の感情の問題であり、「われわれはたとえ裁判で勝っても、お客が来なくなると困るのです」としみじみと言った彼の言葉が忘れられません。

つまり、われわれの運動が難しいのは、法律レベルの問題ではなく、まさに周囲の他人たちの大部分が、基本的にこの放送を望んでいるという厳しい「現実」に直面するからです。いまやほとんどの駅ホームに流れる「駆け込み乗者はおやめください」という放送も、30年前にはなかったのですが、駆け込み乗車により事故が起こると、当人は、たとえ明らかに自分に責任があるとしても絶対に許さない、という話をある駅長に聞いたことがある。酒を飲んでホームから転落しても駅員たちを攻撃し、かすり傷程度の事故でも、ものすごい剣幕で治療費を要求し……という話も聞きました。

次ページスピーカー音を望んでいるのは、実は国民
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT