ヨーロッパの道徳は「容赦ない社会」が生んだ

「平等」も「人権」も、次善の策にすぎない

年末年始に別宅のあるウィーンを訪れた際、ヨーロッパ社会の「容赦のなさ」を実感しました (写真:ごと / PIXTA)

みなさま、たいへんおそまきながら、あけましておめでとうございます。

今年のお正月はウィーンで迎えました(そのために12月はこの連載もお休み)。家内がウィーンに小さいアパートを借りていて、そこで年に数度「お茶」を教えているのですが、そこに滞在。会社の休みにペルー、チリ、イースター島に旅行していた息子もブエノスアイレスから合流して、家族で簡素なウィーンのお正月を迎えました。こうして、わが家は、親子3人別々の国にいることが多い「国際別居家族」というわけです。

37年前、「悲壮な決意」で迎えた新年の記憶

この連載の記事一覧はこちら

大みそかは、わが家からタクシーで10分のところにあるウィーン市街が一望できる高台に登り、そこでカウントダウン。午前零時とともに何千発もの花火が打ち上げられ、ウィーンは光の渦に包まれました。

お正月、家内はドナウ川沿いの仏教寺院でお茶会。私は出席しなかったけれど、朝、荷物を運ぶのを手伝ったとき、ウィーン中心街から外れたそのドナウ川沿いは一面の雪景色であって、そこに白鳥が数羽浮かんでいる。白いパゴダ(仏舎利塔)とともにまさに絵のような景色であり、タクシーの運転手も“Wie romantisch!”(なんてロマンチックなんだ!)とおもわず叫んでシャッターを切るほど。

こうして、6年ぶりにウィーンで迎える新年ですが、37年3カ月前に(無謀にも)33歳でウィーン大学に私費留学し、初めてのクリスマスを迎えたころを思い出しました。当時は華やかなクリスマスのイルミネーションに飾られた街々を、悲壮な決意に身を固くしてふらふら歩き回っていましたが、幸いにも沈没せずに4年半後に帰国。東大の助手を皮切りに25年間の大学勤めを終えて「哲学塾」を開き、はや9年、哲学に絡めとられた生活は、古希を過ぎた今でも続いています。

次ページヨーロッパの「容赦ない社会」が生んだもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT