揺れる「穏健なドイツ」、テロ事件の巨大衝撃

極右派の台頭も懸念される事態に

事件の翌日、沈痛な面持ちで現場を見舞うメルケル首相(写真:REUTERS/Hannibal Hanschke)

12月19日夜、買い物客で賑わうドイツ・ベルリンの市場に大型トラックが突っ込んだ。12人が死亡し、49人が負傷したこの事件を警察は「テロ事件」として捜査中だ。実際、イスラム過激組織「イスラム国」(IS)は犯行声明を発表している。

筆者が住むロンドンでもこのニュースは大々的に報じられた。英国メディアは、この事件をどのように報じたのだろうか。

どのような事件だったのか

事件発生は19日午後8時14分。観光客や買い物客が詰めかけていた「クリスマス・マーケット」(クリスマス用の飾り付けや食品などを販売するマーケット)にトラックが突っ込んだ。商品を並べていた木製の小屋やスタンドなどが次々と潰れた。独DPA通信によると、トラックは50~80メートルほど走って止まったという。

暴走する大型トラックが人々をなぎ倒していった(写真:REUTERS/Fabrizio Bensch)

BBCによると49人の負傷者のうち18人は「重症」だ。トラックの助手席には既に死亡していたポーランド国籍の男性ルーカス・アーバン氏が発見された。同氏はこのトラックの本来の運転手だが銃で撃たれ、刺された跡もあったようだ。

警察は、現場近くの公園で、運転席にいてトラックを走らせたとみられる男性を拘束した。男性は アフガニスタンあるいはパキスタン出身の難民で、昨年12月末ドイツに到着。ベルリンに来たのは今年2月だ。難民認定のための処理申請中だった。ドイツメディアによると、名前は「ナビード・B」(23歳)。しかし、この男性は「証拠不十分」として、のちに釈放されている。

次ページイスラム国はどこまで関与しているのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT