ニース事件は過激派と無縁の大量殺人だった

現地ルポ、革命記念日に起きた惨事の真相

テロの現場付近に設置された追悼の場。連日、多くの人々が集って花束やロウソクを捧げている ©Kiyori Ueno

「みんなで花火を見て、とても幸せだったのに、それが突然、悲劇に変わった。まるで戦争のようだった」

7月14日夜に南仏ニースで起きたテロで、当日現場に居合わせた2人の娘の母親イメン・ズリラックさんは涙をこぼしながらそう話した。

ズリラックさんはその夜、7歳と9歳の娘たち、それに妹、妹の娘と革命記念を祝う花火を見に来ていた。花火が終わり、歩き出した直後、大勢の人々が「たくさんの人が死んだ」と泣き叫びながら走ってきた。警察も、「テロがあった」、「家に帰れ」と叫んでいた。ズリラックさんは娘たちをつかんで必死に走り、近くのレストランに逃げ込み、娘と妹たちと身を潜めた。そしてトラックが止まったのを見た。

「逃げながら、母親に電話をして『これで終わり』と言った。死ぬかと思った。私たちは逃げて助かった」と言う。「たくさんの子どもたちが犠牲になった。あまりにも悲しい」

19トントラックが猛スピードで突っ込んできた

追悼の場では、ぬいぐるみや、「ニースのために祈る」、「世界のために祈る」と書かれたメモも見られる©Kiyori Ueno

7月14日の夜、南仏ニースの海岸沿いにある遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」で起きたテロ。フランス革命記念日を祝う花火を見に集っていた群衆に大型トラックが突っ込み、子どもを含む84人が犠牲となり、200人以上が負傷した。

テロの容疑者とされるモハメド・ラフエジブフレル容疑者は白の19トントラックで約2キロにわたって猛スピードで走行し、群衆に突っ込んだ。同容疑者はその後警官に射殺された。この事件を受けて、フランスのオランド大統領は2015年11月13日のパリ同時多発テロ事件から発令していた非常事態宣言をさらに3カ月延長した。

次ページ「プロムナード・デ・ザングレ」の一角が追悼の場に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。