バグダッド自爆攻撃、死者数は292人に

イラク戦争以降最悪のテロに

 7月8日、イラク保健省は7日、首都バグダッドで3日に発生した自爆攻撃による死者数が292人に達したと発表した。写真はカラダの自爆攻撃跡。4日撮影(2016年 ロイター/Ahmed Saad)

[バグダッド/ティクリート(イラク) 8日 ロイター] - イラク保健省は7日、首都バグダッドで3日に発生した自爆攻撃による死者数が292人に達したと発表した。爆弾攻撃の死者数としては、2003年のイラク戦争開始以降、最悪となった。

自爆攻撃は、イスラム教シーア派が多数を占める商業地区カラダで発生。負傷者は200人超。過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を発表した。

また治安関係筋は、バグダッドの北に位置するシーア派の廟(びょう)近くで7日夜、3件の自爆攻撃が発生し、少なくとも35人が死亡、60人が負傷したと明らかにした。

同筋によると、現地時間午後11時頃に男が廟の入り口で爆発物を付けたベルトを爆発させた後、銃で武装した数人が中に入り、イスラム教の断食月(ラマダン)明けの祝祭で集まっていた礼拝者らに向けて発砲し始めた。武装勢力のメンバーのうち少なくとも1人が自爆し、別のメンバーはベルトを爆発させる前に警備員に射殺されたという。

ISは7日夜の攻撃についても犯行声明を発表し、爆発物を付けたベルトを着用した3人が自爆攻撃を行ったとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT