フロリダ惨劇から学ぶ「テロ時代の暮らし方」

疑心暗鬼に包まれた世界をどう生き延びるか

フロリダ州での乱射事件の現場。12日撮影(写真: ロイター/Carlo Allegri)

私たちは今、銃乱射事件と自爆テロがはびこる時代に生きている。

つまり、いつもの日常生活と同じに見える何気ない時間でも、実はいつ火ぶたが切られてもおかしくない、ほぼ視認不可能な戦争に自分自身が身を投じてしまっている、なんていうこともあり得るのだ。

そうなったとき、もしかしたら機関砲を目の前にして自分が前線に立っている可能性もある。この戦争に地理など関係ない。ちょうど12日未明に米フロリダ州オーランドで発生したように、どこにいても勃発する可能性があるのだ。

こうした事件が起こると、そのなかで私たちが身を守れるものなど何もない。無実の主張もできない。つまり、私たちは銃弾の餌食になる。そして、餌食になるのは犯人自身も同じだ。

話が通じない人間の恐ろしさ

オーランドの満員のナイトクラブ――「パルス (Pulse) 」という有名なゲイクラブに詰めかけた客たちを襲った殺人犯の動機が何だったのかはいまだに明らかになっていない。

わかっているのは、他者の人間性を理解し合おうとする心がけがこの殺人犯にはなかったことだ。そんな人間に自分も同じ人間なんだと大声でわめいて訴えかけても意味はない。彼はそんなことを気にも留めていないし、そもそも聞く耳を持たない人間なのだ。犯人の立場になって考えてもみよう。目標と同じように、彼自身も間もなく死ぬのだ。

実行犯の武器が爆弾であれ、刃物であれ、銃器であれ、ただ傍観しているだけでは機能しない。実行犯は遠隔操作できるタイマーも設定しない。彼はまさに目の前までやってくる。彼は文字通り武器を発動させる機構であり、己自身が武器なのだ。一度動き出すと自分の仕事が終わるまで、破滅的な道を歩み続ける。

次ページ日常生活に植え込まれる恐怖
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT