テロリストは「安くて簡単」な手で恐怖を煽る

「経済学」でテロの狙いを考える

テロ対策をするにはどうすればよいだろうか(写真 :Sergiy Tryapitsyn / PIXTA)
ベルギー、フランスなど各地で立て続けにテロが起き、不安な気持ちになる人も多いだろう。700万部のベストセラー『ヤバい経済学』の著者2人は、「テロ対策をするには、まず自分がテロリストだったらどのような攻撃を仕掛けるかを考えてみるところから始めよう」とウェブ上で呼びかけた。「敵を知り、己を知れば百戦あやうからず」という主旨だが、レヴィットたちの議論は、その後のパリの同時多発テロの手口に酷似していた。ここでは、危ない話満載のシリーズ最新作『ヤバすぎる経済学』から、2007年に書かれたテロにまつわる話を掲載しよう。

 

米国の運輸保安庁が、機内に持ち込む手荷物の規制の大部分は、当分今のまま続ける、ただしタバコのライターは規制から外すと発表した(編集部注:2007年時点)。歯磨き粉だの臭い消しだの水だのを持ってるいとセキュリティを通してくれないなんてむちゃに聞こえるけど、ライターの持ち込みを禁止するのはそんなにむちゃには聞こえない。

ライターのメーカーのロビー活動はどっち向きだったのだろう、ルールの変更に賛成したのだろうか、反対したのだろうか。一方では、1日に2万2000個のライターが没収されているのは業界にとって儲かりそうな話だ。もう一方では、持っていると飛行機に乗れないならライターを買う人は減るかもしれない。

自分ならどうやって恐れを最大化するか考える

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

こういうルールの話を聞くと考えてしまうのは、自分がテロリストで、使える資源に限りがあるなら、どうやって恐れを最大化するかってことだ。僕なら、恐れを呼び起こすものは本当はなんなのかを、まず考えるだろう。

みんなを震え上がらせることのひとつに、自分がテロ攻撃の犠牲者になるかもしれない、という考えがある。僕ならそれを頭に置いて、自分がテロの標的になるかもと誰もが思うようなことをやろうとするだろう。それぞれの個人がテロに遭う確率はとても低くて構わない。

次ページ人々はこうすれば震え上がる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT