テロリストは「安くて簡単」な手で恐怖を煽る

「経済学」でテロの狙いを考える

人間はめったに起きないことの確率を大げさに見積もる傾向があるから、テロが呼び起こす恐れは実際のリスクからすると分不相応に大きい。

あちこちで一斉にたくさんのテロを起こす「効果」

それから、僕なら、テロリストは軍団って言っていいぐらいたくさんいるのだと思わせようとするだろう。あちこちで一斉にテロを起こして、その後また、間髪をいれずにもっとたくさんのテロを仕掛ける。

3つ目に、なにはなくともまず自爆攻撃、テロリストたちがそう思っているのでないなら(そんなこと思ってるとは思えない)、仲間のテロリストが、できることなら死んだり捕まったりしないように計画を立てるのがいいだろう。

4つ目に、商業をストップさせるのを目指すのがいいと思う。商業が止まればみんな暇になって、あれこれ怖がる時間ができる。

5つめに、米国を本当に苦しませたいなら、とても代償の大きい法律を政府に山ほど作らせ、法律の目的が果たされた(というか、そもそも目的がほんとにあったとしてってことだけど)後も、法律はずっと長い間廃止されずに残る、そんな状況を作り出す行動を採るべきだ。

簡単なら簡単なほどいい、この世はそんな風だとぼくは思う。で、テロにもこの考えは当てはまるのじゃないだろうか。そんな立場からすると、僕がこれまでに聞いた、いちばんいいテロ計画は、2002年の連続狙撃魔事件後、ワシントンDCが大混乱に陥っていた頃に僕の父さんが思いついたやつだ。

かいつまんで話すと、ライフルと車で武装させたテロリスト20人を国中にばらばらに放ち、あらかじめ決めた日時に無差別な狙撃を始めさせる。大都市、小都市、郊外、いろんなところで人を撃たせる。テロリストたちには頻繁に居場所を変えさせる。次のテロ攻撃はいつ、どこで仕掛けられるのか、誰にもわからない。効果は絶大、信じられないぐらいの大混乱が起きるだろう。このテロに必要な資金がとても少ないことを考えると特にそうだ。

テロのアイデアを世に問うてみよう

それに、実行犯を捕まえるのはものすごく難しいだろう。ニューヨーク市で核爆弾を爆発させるのに比べれば、このテロの被害はそこまで大きくない。もちろんそれはそうだが、核兵器を手に入れるのに比べれば、銃を何丁か調達するのはずっとずっと簡単だ。

読者のみなさんはもっといいアイデアを持っているかもしれない。ぜひ聞かせてください。テロのアイデアを世に問うのは、ある意味お国のためだ。テロに反対し、テロと戦う人はたくさんいる。実際にテロが起きる前に、テロのシナリオを検討してそれに備える機会を提供できるだろう。

次ページブログをアップしたら…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。