ブリュッセル連続テロは「IS弱体化」の証だ

西側は恐怖に負けず、断固たる抗戦を続けよ

爆破テロに見舞われたブリュッセルの空港内部。提供写真 (写真:ロイター/Jef Versele/Handout)

原文はこちら

 ブリュッセルでの連続爆破テロによる犠牲は甚大だ。警察の発表によると、少なくとも31人が死亡、270人近くが負傷した。悲惨で受け入れがたい残虐行為だ。しかし、西側は過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いが勝利の兆しを見せていることを銘記すべきだろう。今回のテロはISの強さというよりもむしろ、ある種の弱さに起因しているのだから。

ISはこのところ、手痛い打撃を受け続け、弱体化してきている。まず重要なことに、イラクとシリアにまたがるISの支配地域は、過去1年3カ月にわたって縮小を続けている。2015年1月以来で22%狭まったとみられ、今年に入って8%を失った。

さらに過去1カ月の間に、ISの数千もの文書が欧州のメディアにリークされた。その中には構成員の名前や年齢、学歴、スキルなどが記された名簿も含まれている。そして、ブリュッセルのテロが起きる4日前に、昨年11月のパリでの同時テロ実行グループ主犯格でベルギー出身のサラ・アブデスラム容疑者が同国で逮捕された。

追い込まれて暴挙に

支配地域縮小や名簿流出、そしてISのネットワークや将来計画を把握しているとみられる大物の逮捕といった状況が重なり、ブリュッセルのIS組織はパニックに陥った可能性がある。そして今回の自爆テロに走ってしまったのではないだろうか。

西側が見逃しているかもしれないのは、今回の爆破テロの手口が、かつての国際テロ組織アルカイダと似ている点だ。空港など交通システムを狙ったブリッュセルでの今回のテロは、2004年のマドリード列車爆破テロや2005年のロンドン同時爆破テロをほうふつとさせる。

次ページアルカイダとの決定的な違い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT