狙われたベルギー、「同時テロ」の一部始終

「十字軍同盟は暗黒の日々を迎える」とIS

3月22日午前、ベルギーの首都であると同時に「EUの首都」でもあるブリュッセルのザベンテム国際空港と地下鉄マルベーク駅で、同時爆発攻撃が発生した。事件発生時とその後の様子を撮影した写真の数々からは、緊迫した様子が伝わって来る。

このテロ攻撃による犠牲者数は、23日時点では確定していない。空港では死者が最低10人、負傷者は100人前後にのぼる。地下鉄マルベーク駅では死者20人、負傷者約130人と報じられている。

同時爆発の直後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表しており、当局は空港の監視カメラに映った3人の容疑者の写真を公開した。このうち2名が自爆死を遂げ1名が逃走しているとみられ、警察当局はその行方を捜している。

ISの犯行声明は「イスラム国に対する攻撃への代償として、十字軍同盟は暗黒の日々を迎えることを思い知らせる」というもの。ISと欧米諸国の"戦い"に外交的な落としどころはなく、双方が相手を潰すことを目指している。このままでは、報復の連鎖を止めることはできないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT