狙われたベルギー、「同時テロ」の一部始終

「十字軍同盟は暗黒の日々を迎える」とIS

3月22日午前、ベルギーの首都であると同時に「EUの首都」でもあるブリュッセルのザベンテム国際空港と地下鉄マルベーク駅で、同時爆発攻撃が発生した。事件発生時とその後の様子を撮影した写真の数々からは、緊迫した様子が伝わって来る。

このテロ攻撃による犠牲者数は、23日時点では確定していない。空港では死者が最低10人、負傷者は100人前後にのぼる。地下鉄マルベーク駅では死者20人、負傷者約130人と報じられている。

同時爆発の直後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表しており、当局は空港の監視カメラに映った3人の容疑者の写真を公開した。このうち2名が自爆死を遂げ1名が逃走しているとみられ、警察当局はその行方を捜している。

ISの犯行声明は「イスラム国に対する攻撃への代償として、十字軍同盟は暗黒の日々を迎えることを思い知らせる」というもの。ISと欧米諸国の"戦い"に外交的な落としどころはなく、双方が相手を潰すことを目指している。このままでは、報復の連鎖を止めることはできないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT