アフリカを覆う「難民問題」の厳しすぎる現実

報道写真家が現地で体験したこと

1歳半の娘のアホロちゃんの亡骸を抱いて墓地へ向かうモハメッドさん

世界で過去5年間だけで15の紛争が勃発・再発し、暴力や地球温暖化による食糧危機によって家を追われた人々の数は急増している。この人々の強制移動は近年拡大し、UNHCR(国連難民高等弁務官)によると、2014年における難民の数は5950万人と過去最多だ。世界中で122人に1人が難民になった計算になる。

2013年の難民の数は5120万人で、1年間に増えた人数としても最多。この急増は2011年に始まったシリア紛争が要因だ。

シリア難民については、日本でも毎日のように報道されおり、よく知られているが、複雑な問題はほかにもある。シリア内戦からかなり前、そして現在も深刻な難民問題を抱え続けているのがアフリカだ。

アフリカにおける難民とは?

筆者はアフリカで合計8年ほど写真撮影をしてきた。私の脳裏には、これまで出会ってきた人たちの顔の幾つかが焼き付いている。

2011年夏、私が訪れていたソマリアとの国境沿いにあるエチオピアのドロ・アド周辺の難民キャンプでは、国連機関や人道支援のNGOが、その年2倍に膨れあがった人口の対応に追われていた。「アフリカの角」と呼ばれる一帯では「過去60年間で最悪」という食糧危機が発生、1200万以上の人々が飢餓にさらされ、ソマリアから隣国のエチオピアとケニアへの難民流出が起きていた。

ドロ・アドに到着した翌日、私は1歳半の娘のアホロちゃんの亡骸を抱いて墓地へ向かうモハメッドさんの写真を撮っていた。死因は栄養失調と脱水。彼女を含む家族8人は、家畜とすべての食物を失って故郷のモデルタ村を離れ、干ばつで荒廃したソマリア南部を30日かけて横断し、ドロ・アドにたどり着いた。

次ページキャンプで起きていたこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT