貧しくも世界一エレガントなコンゴの男たち

武器を持たず、服で競う「サプール」の生き方とは

誇り高きコンゴの英雄、サプールとは?(写真:Eyevine/アフロ)

初詣くらいはスーツでビシッと決めようかと思ったものの、仕事で着るものしか持っていない。若い頃は、小遣いの何倍もするブランドもののシャツを買うためにバーゲンに並んだものだが、いつしか私は、高い服を買うのに罪悪感を抱くようになってしまっていた。

ところが、本書『WHAT IS SAPEUR ?――貧しくも世界一エレガントなコンゴの男たち』で紹介されている男たちときたら、50歳を過ぎても、月収の何倍もするスーツを着て良い気になっている。日本では浪費家というレッテルを貼られてしまいそうな彼らこそ、サプールという生き方を選んだ、誇り高きコンゴの英雄たちなのである。

ファッション雑誌とは異質の、格好良さ

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

「世界は“違う”からこそ“面白い”──」本書は、そんなテーマで番組づくりをしているNHK『地球イチバン』のディレクターである著者が、“世界でイチバン”服におカネをかける男たち「サプール」を対象に選んだ経緯とその取材過程をまとめたルポである。サプールのルールの紹介や彼らへのインタビューなどで構成されている。

文章ももちろん重要だが、なんてったって楽しいのは写真である。その「格好良さ」に圧倒されてしまう。しかもそれは、ファッション雑誌から伝わってくるものとは、明らかに異質なものだ。それはなぜか。皆様に理解してもらうためには、まずサプールとは何かについて説明せねばなるまい。本書から、その生き方の6つのルールを引用しよう。

次ページサプール、その生き方のルールとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT