パリ同時攻撃は「難民受け入れ」が一因だった

実行犯にギリシャ経由で入国した「難民」も

フランス大統領のフランソワ・オランドは11月14日土曜日、前日夜にパリ中で129人の死者を出した銃撃者と爆破犯による一連の攻撃に対し「容赦ない」対応をすると約束した。大統領はイスラム国により犯行声明のあったその攻撃を「フランスに対する戦争行為」と述べている。

国境を超えた捜査がペースを上げる中、検察官は、レストランやコンサートホール、国立サッカースタジアムへの一連の攻撃は、フランス国内で育ったルーツだけでなく、中東とベルギーなどとも関係をもつ多国籍チームによって実行されたと思われると述べた。

コンサートで少なくとも89人を殺害

最悪の大虐殺の中、銃を持った男たちは、対テロリスト部隊が攻撃を開始する中で自爆する前に、バタクラン音楽ホールでのアメリカ人バンドによるロックコンサートで少なくとも89人を計画的に殺害した。と当局は述べた。

オランド大統領とドイツの外相がサッカーの試合を観戦していたスタッド・ド・フランススタジアムの外側で起こった2回の自爆テロを含むパリ地域のその他5回の襲撃で40人強の人々が殺された。

次ページなぜ防ぐことができなかったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。