パリ同時攻撃は「難民受け入れ」が一因だった 実行犯にギリシャ経由で入国した「難民」も

印刷
A
A

フランスは、今年1月にイスラム教徒の銃撃者が風刺的な週刊誌「シャルリー・エブド」とユダヤ教徒向け店舗を襲撃し18人を殺害したとき以来、テロへの警戒を強めていた。

1月の襲撃事件は、100万人以上の人々による大規模デモとともに、一時的に言論の自由の保護においてフランスを結束させた。しかしその結束はその後、極右人民主義者マリーヌ・ル・ペンが移民とイスラム教をフランスの治安問題の原因として避難することにより主流政党両党の支持を得たこともあり、崩れていた。

世界の指導者たちは、多数の犠牲者を出したパリでの襲撃に対し挑戦的な団結の誓いで応じた。米国のバラク・オバマ大統領からロシアのヴラジーミル・プーチン大統領までが、そしてヨーロッパ全体と中東で、指導者たちが哀悼の意を表明した。

フランスは海外の自国関連施設でセキュリティ強化を命じた。イギリス、ドイツ、イタリア、ロシア、ベルギー、ハンガリー、オランダがセキュリティ対策を引き締めた。

イギリスの警察は、土曜日のロンドンのガトウィック空港での避難は、火器と疑われる物がゴミ箱の中から発見されたことと関係していたこと、フランスから来た41歳の男が逮捕されたことを発表した。

至近距離での射撃

ヨーロッパ1ラジオからのジャーナリスト、ジュリアン・ピアースは射撃が始まったとき、バタクランの中にいた。

テレビのインタビューで、ピアース氏は、カリフォルニアのロックグループ「イーグルス・オブ・デスメタル」によるパフォーマンス中に何人かの若者がそれぞれライフルで武装してホールに入ってきて、「観衆に向けて無差別に射撃」を始めたと述べた。

「そこらじゅうに犠牲者の体が転がっていた」と彼は言った。

銃撃者は犠牲者の背中に銃弾を浴びせ、再充填し発砲する前に至近距離で仕上げをしたと、ピアース氏は、負傷した少女を背負ってステージドアから路上に脱出した後で、述べた。


(イングリッド・メランダーとマリーヌ・ペネティエによるレポート、ヘールト・ド・クラーク、ジャン・バプティスト・ヴェイ、エマニュエル・ジェリー、エリザベス・ピノー、ジュリアン・プレトット、ベイトフェリックスによる追加レポート、ジャイルズ・エルグッドによる執筆、ソニヤ・へピンストール、ピーター・ミラーシップによる編集)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT