パリ郊外で見つかった「自爆ベルト」の正体

逃走中のサラ・アブデスラム容疑者に関連か

 11月23日、フランスの捜査当局は、パリ近郊にあるごみ箱から自爆ベルトとみられる装置を発見した。写真は装置発見場所の付近に非常線を張る警官。(2015年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ/ブリュッセル 23日 ロイター] - フランスの捜査当局は23日、パリ近郊にあるごみ箱から自爆ベルトとみられる装置を発見した。また、同時多発攻撃の実行犯とされる男の位置情報が事件後、パリ市内2カ所で探知されていたことも分かった。

フランスとベルギーの当局は130人が死亡したパリの同時攻撃以降、大規模な捜索を実施。特に実行犯とされるサラ・アブデスラム容疑者(26)については、事件後に潜伏しているとみられるブリュッセルで行方を追っている。

捜査関係者によると、アブデスラム容疑者は事件後、レンタカーが乗り捨てられていたパリ北部のほか、市南部のシャティヨンにいたことが携帯電話の位置情報から判明。

また、シャティヨンに近い南部モンルージュでは、ごみ箱に自爆ベルトとみられる装置が捨てられているのが見つかった。捜査関係者は、このベルトがアブデスラム容疑者が所持していたものかはまだ判断できないとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。