日本人観光客が激減していた8月のフランス

非常事態宣言下でも変わらない日常に触れた

コンサートホール「バタクラン」では修理が進められていた(筆者撮影)

フランスでは相次ぐテロのため、2015年11月から非常事態宣言が続いている。非常事態宣言下のフランスは、観光客が減少していると聞く。フランスへの家族旅行を以前から計画していたため、少し緊張しながら8月初めにパリへ向かった。

東京からパリへの航空機はほぼ満席だった。しかし、パリの空港で預けた荷物を受け取るターンテーブルの前で待つ乗客は、思いのほか少なかった。どうやら、ほかのヨーロッパの国への乗り継ぎ客が多かったらしい。

空港からタクシーに乗り込む。夫が間違えて車の左側の運転席に乗り込もうとすると、運転手が戸惑いつつ笑った。気を引き締めてパリへやって来たのに、まず笑い声を聞いて心が和む。「私の国では運転席が右側なので」と夫が言い訳をすると、「どちらから」と運転手が尋ねる。「日本から」と答えると会話が始まった。

運転手によると、この夏のパリは「ものすごく」観光客が減ったという。「最近、いろいろあったからね」と、「テロ」という言葉を使わず、悲しそうに言う。「あなたたちは、それでもフランスに魅力を感じるのか」と聞かれ、「はい」と答えると運転手はうれしそうにした。

テロがあったとは信じられない

2015年11月、パリではコンサートホールなどを標的とした同時多発テロがあった。7月14日には、南仏のニースでトラックによるテロが起こり、7月26日には、フランス北西部のルーアン近郊で教会が襲撃された。

11月にテロがあったコンサートホール「バタクラン」の近くへ行く。事件直後、テレビでは、ホール脇の道を人々が逃げる光景が放映されていた。訪れたとき、その道は人通りも少なく静かで、そんな事件があったとは思えないくらいだった。バタクランは歴史的建造物で、東洋風の外観は鮮やかに彩られている。足場が組まれて、修理が進んでいた。周囲にはもう花束もなく、ひっそりとしていた。

次ページ目立つ警察官と兵士の姿
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT