「ル・モンド」は世界をどう報じてきたのか

仏紙が伝える「日本の新聞には載らない真実」

「ル・モンド」は「世界」という意味だけあって、フランス以外の国の報道も充実している(写真:michaklootwijk / PIXTA)
世界の5大クオリティペーパーの一つとされるフランスのル・モンド紙を愛読してきた著者が、2003年1月から今年3月まで藤原書店のPR誌で連載してきたコラム160本超を1冊にまとめた。『「ル・モンド」から世界を読む 2001-2016』の意図するところを、東京大学名誉教授、恵泉女学園大学名誉教授の加藤晴久氏に聞いた。

すべて署名記事で構成される新聞

──フランスの顔ともいえる中道左派の日刊紙ですね。

発行部数は決して多くありません。前日の発行部数が毎号載るのですが、1970年代末の50万部をピークに最近は20万部台半ば。読者数は紙版が230万人、デジタル版は1575万人とのことです。

ル・モンドの質の高さは情報の詳細さ、分析の深さ、そして論点の明確さにあると認識しています。世界中の政治家や財界人、有識者がそれを指標とし、判断を下す一助にする。社長から記者までサラリーマンの日本の新聞と違って、すべて署名記事で一人ひとりが責任を持って書いており、記者のメールアドレスも付されているので、読者が直接記者に意見をぶつけることもできる。

──一方、日本の新聞に対してはかなり辛辣ですね。

藤原書店の社長から、9.11後の世界をル・モンドがどう伝えているか書いてほしい、と依頼されたのがコラム連載の始まりでした。面白い記事や日本の新聞が取り上げていないテーマ、取り上げてはいても論点がずれていたり分析が浅いテーマを紹介し、日本の読者に問いかけてほしいと。日本の新聞について、実は私も上っ面を載せているだけという気がしていた。今そこにある問題をリアルに取り上げていない。リアルな問題をリアルに取り上げなければ、リアルな解決法など出てこない。その辺が不十分な気がします。

次ページ書かない自由?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。