慰安婦報道で露呈した朝日新聞の「体質」

「崩壊 朝日新聞」を書いた元記者に聞く

朝日新聞は、感情的な言葉でつづられた「アジビラ」と化してしまったのか?(撮影:梅谷秀司)
元朝日新聞記者で、あえて古巣の体質を痛烈に批判する著作『崩壊 朝日新聞』を書いたジャーナリストの長谷川煕氏に、思いを聞いた。

きちんと自分で取材して書くべきだと思った

週刊東洋経済「ブックス&トレンド(著者インタビュー」の過去記事はこちら

──憤っていますね。

一昨年の8月末まで朝日新聞社系の雑誌『AERA』で、身分上はフリーの社外筆者として取材、執筆していた。もし8月5日の朝日新聞紙面がなければ、今もそうしていた可能性がないとはいえない。

なぜ辞めたのか。怒ったからだ。慰安婦関係の一連の「吉田清治証言」に関するすべての記事の取り消し。取り消し自体は評価しえても、32年間放置した謝罪がないどころか、内容のすり替えをあっけらかんとやっている。こんなひどいことがなぜ起きたのか。きちんと自分で取材して書くべきだと思った。

最初の関連記事が掲載されてから32年目にやっとだ。それも吉田証言の中身はまったく虚偽。いかなる裏付けを取ることもなくその証言に基づき、日本人および日本をとことん世界の中でおとしめるような記事を延々と何本も載せ続け、疑問の声が他のメディアなどから出ていたにもかかわらず、放置し続けた。

──同年の9月11日に謝罪会見をしました。

社会的な批判が沸騰してきたものだから、同時に東京電力福島第一原子力発電所で吉田昌郎所長の命令に違反した行動が所員にあったという誤報があって、ついでに慰安婦報道の虚報についても謝罪した。後追いの小ばかにした対応だった。

──ご自身は、朝日新聞そのものを糾弾する取材になりましたね。

取材を始めて驚いたのは、日本と韓国の深刻な対立関係の原因は一にかかって朝日新聞報道だったことだ。朝日新聞社の第三者委員会報告では委員の間の意見が分かれたとして併記にとどめているが、「朝日新聞『慰安婦報道』に対する独立検証委員会」の報告書には、いかに海外に影響したか、具体的に分析されている。米国や韓国に大きな影響を与えていることは明らかだ。

次ページ慰安婦問題を解決する日韓合意、翌日の紙面に怒り再燃
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT