欧州の「ポピュリスト」を甘く見てはいけない

トランプ以上に過激な政治家が台頭している

9月のEU首脳会議を前にパリで会談したメルケル独首相(左)とオランド仏大統領(右)。共同記者会見で撮影(写真: ロイター/Philippe Wojazer)

告白しよう。私は最近の政治動向について悩み、眠れない夜を過ごしている。今はフランス南西部の自宅で過ごしているが、初秋の日差しは暖かく、木の葉は色づき始めている。地元の農家は今年のブドウの収穫に備えている。ここを嫌いになる理由がない。

しかし左派にせよ右派にせよ、主要な政治家で今年がそれほどよい年だった人はいないのではないか。

欧州全土で盛り返すポピュリスト

フランスでは、オランド大統領の来春の選挙の再選が厳しいとみられている。一方でサルコジ前大統領とジュペ元首相が中道右派を掌握し、オランド大統領や極右の国民戦線のルペン党首に対抗している。

ルペン氏が大統領に選ばれる確率は低いとされるが、6月の英国民投票でEU(欧州連合)離脱派が勝つとの見方も少数派だった。米大統領選でドナルド・トランプ氏が共和党候補に指名されると見ていた人も少なかった。

私の悩みの種は、欧州全土でポピュリストが盛り返していることだ。

ドイツではメルケル首相が難民受け入れ政策に絡んで有権者の怒りを買っている。極右政党「ドイツのための選択肢」は反移民感情をあおっており、同首相の地元などの地方選挙で与党を打ち負かしている。

イタリアではレンツィ首相が景気低迷へのテコ入れに苦戦。ベルルスコーニ元首相率いる中道右派の野党が凋落し、ポピュリストの「五つ星運動」などが勢いづいている。

次ページポピュリストの主張は幻想に過ぎないが
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT