日本で「お節介な注意放送」が流れる根本理由

「日本人のマナーが悪いから」が理由ではない

筆者の中島義道氏が30年にわたって「日本の公共空間における騒音」と闘ってきたのにもかかわらず、いっこうに事態が”改善”しないのはなぜなのでしょうか(写真:けい / PIXTA)

これまで2回連続で、日本における過剰な注意放送との「闘い」について取り上げてきました(第1回→、第2回→)。

「音」の問題に入ったとたん「コメント」が多くなり、しかもわりとまじめなものが多いので(どうしようもない「無思考症候群」もありますが)、丁寧に答えようと思います。まさに、こうした「対話」こそ、私が30年闘ってきた目標なのですから(PHP新書、改題『思いやりという暴力』PHP文庫)。

この連載の記事一覧はこちら

すなわち、私はソクラテスの弟子であって、対話を「切り捨てる」態度は相手に罵詈雑言を浴びせかけるより数段悪だと思っている。しかも、これってわが国(とりわけ物のわかったような人)にかなり多いんですね。

筆者が30年闘っても「うるさい日本」が変わらない理由

まず、「30年闘っても状況を変えられないことを考えてほしい」というコメントに対して。私は考えました、考えて考えて考え尽くしました。たぶん、このコメントを寄せた人の1000倍は。この30年間、ひとときも考えをやめることはなかった。それは、5歳のときから考え続けてきた「死」の問題に及ぶほどです。

じつは、「音」の問題はとても歴史が長く、高度成長期(1960年代)からぽつぽつあったようですが、その頂点をなしたのは、ちょうど私が4年半のウィーン留学から帰国した1980年代半ばです。すなわち、そのころはジャパン・バッシングの頂点でもあって、ジャーナリズムは「日本は経済だけ欧米に追い付いたが、国民の『心』はすさみ果てている」という論調が支配していました。

次ページ日本人の悪いイメージが固定化
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。