「日本女性はかわいそう」と英国人が言う理由

「嫁にしたい」と言われる裏側には……

ちなみに、マンガ内に出てきた「男の理想的な人生とは……」のジョークについてあとで調べてみたところ、内容はいろんなバージョンがあるようでした。さらに「ヨーロッパの会社の給料をもらうこと」とか、「フランス人の愛人を持つこと」とか(笑)。「フランス人の愛人を持つこと」もあるとなると、「妻は日本女性」については、さらにう~んと考えさせられましたよ。

そして、この記事を読んで「お手伝いさんなんて別世界すぎて自分とは関係ないよ!」と思った人もいるかもしれませんが、確かに人件費が高い日本でレギュラーで頼むのは無理にしても、つかれがたまってどうしようもないときだけでも、たまに外部サポートをいれるのはかなりアリだと思うのです。

取り入れるも取り入れないも自由

マンガに描いたように、いまは家事育児についていろんな情報が手に入る時代。人の方法を取り入れるも取り入れないも自由だし、もし取り入れる場合、自分の家庭にあった形でアレンジして取り入れる、というような柔軟さが、つかれた家庭を軌道修正していくためには大事なんじゃないかな?と私は思っています。

ちなみに、外部サポートについては、日本に住みながらも外部サポートをうまく活用している人もすでに取材済みで、自分自身の体験もあるので、いつかガッツリ詳しくそのメリットデメリットを紹介したいと思っていますよ~。

というわけで今回のまとめ。

夫婦だけではこなしきれない家事育児量につかれる。

今の状況でおカネを何に使うのがいいか、よくよく考えて、
必要なら外部サポートを頼む。

皆さんの家庭の「夫婦ふたりの時間をつくるための工夫」「つかれない家事育児分担のコツ」があれば、ぜひコメント欄で教えてください!

さて、次回はこの夫婦の話の最終回です。今回Sさんにあっさり言われた「働いているいないにかかわらず、家事育児は男女で平等に分担する」ということについて、もう少しつっこんで質問してみました。たとえ妻が専業主婦でも夫は家事育児を積極的にやるべきだ、という考えの根本にあるものは何なのでしょうか?

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。