外資金融の半沢直樹が企む、100分の1返し

若手バンカーが語る、投資銀行業務の悲哀(上)

エリートたちの憧れの職場として知られる投資銀行。その実態とはいかに?写真はゴールドマンサックスのニューヨーク本社(写真:Newscom/アフロ)

「書類のフォントのサイズが違うとか、グラフの色が少し濃いとか、会社のロゴを少し小さくしてくれとか、矢印の向きをもうすこし傾けてくれとか・・・・深夜遅くまで連日無駄な作業を振ってくるクソ上司には、倍返し、いや、半返し、いや、10分の1返し・・・この際思い切って、100分の1返しだ!!!」

あれ、なんかこのセリフ、聴いたことがあるようなないような・・・なにやら人気ドラマ“半沢直樹”に出てきそうなセリフだが、復讐の迫力がどんどん尻つぼみになってしまっている。

そう、ここはドラマ“半沢直樹”の舞台となった国内メガバンクよりもさらに輪をかけて激務で社内政治が蠢くとされる、外資系投資銀行の若手社員の叫び声だ。

前回コラムでもう半沢直樹ネタは打ち止めと申し上げたのに、その後も日本の経済紙は私の警告を無視して、半沢直樹人気便乗ネタで埋め尽くされている。私は断固そんな安易な風潮に流されまい、と柔らかく決意していたのだが、たまたま某外資系投資銀行で働く若手アナリストの後輩からメールが入り、それがことのほか面白い。

そこでメガバンクよりもさらに労働環境の厳しい“外資系投資銀行”の半沢直樹を目指すアナリストの本音を、ここで紹介させていただくことにした。

以下は某米系投資銀行に勤める若手インベストメントバンカー(六本木界隈が東京オフィス)が私に送ってくれた、“投資銀行部に入ってよかったこと、悪かったこと”のリストである。

次ページ若手でもプレゼンをガンガンできる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT