29歳、有名私大卒の彼女がADHDで抱える苦悩

薬は近視の人がメガネをかけるような感覚

会議では、プロジェクト内で法令違反にあたる行為はないのかきつく追及したり、窓口を訪れたのにごまかして納税をしない人には泣き出すまで問い詰めたりと、ハゲタカモードを発動してしまうそうだ。トラブルにつながることもあるが、「三浦さんは間違ったことは言っていない」と上司は言ってくれる。でも、後で「もう少し丁寧な伝え方をすればよかった」と思うこともある。

近視の人がメガネをかけるような感覚と思ってほしい

また、この取材を続けていて最近興味を持ったのが、発達障害の方の恋愛や結婚についてだ。相手の気持ちを読み取るのが苦手なASDは特に恋愛に向いていないよう感じることもある。ADHDの三浦さんはどう受け止めているのだろうか。

「現在恋人はいませんが、もし、相手から家庭的な女性を求められたら壁を感じてしまいます。何しろマルチタスク能力を必要とする家事が苦手だし、片付けも薬を飲まないとできないので……。あと、発達障害は遺伝する可能性が高いです。

私が子どもを作りたくないいちばんの理由が、こんな遺伝子を残したくないという思いからなんです。私は薬が効いたけど、中には薬が効かない人もいるらしいんです。また、妊娠中に薬は飲めないと思います。産休に入れるのは2カ月前からですし、それまで薬ナシで仕事に行くというのは、近視の人が裸眼で歩くのと同じです。そうなると、絶対に妊娠したくないと思ってしまいます」(三浦さん)

今後も薬を飲み続けながら仕事に励むという三浦さん。ADHDの薬はメガネのようなものだと思ってほしいと、三浦さんは何度も念を押すように言った。薬がメガネのような感覚として受け入れられる日がより早く訪れれば、生きづらさから少し解放される人も増えることだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。