29歳、有名私大卒の彼女がADHDで抱える苦悩

薬は近視の人がメガネをかけるような感覚

診断を受けた2012年は、社会人2年目だった。社会人1年目は仕事がつらく、体とメンタルを壊してしまい、一時は仕事を休んでいた三浦さん。とにかく仕事ができない。仕事を覚えるのに人一倍時間がかかった。マルチタスクも得意でない。お客さんから受け取るべき書類を忘れて謝罪をし、後日郵送で送ってもらうようなミスもあった。仕事の段取りを組むことが苦手で仕事が終わらない。結果、残業をすることになる。それでも納期を守れず、上司に怒られたこともあった。

「大学までは、抜けているところがあるけど成績は優秀な『不思議ちゃん』で通っていたのが、社会人になるとただの『困ったちゃん』になってしまったんです。勉強は答えが決まっていたり、調べたらわかることだったりするから楽だったけど、仕事はそうではない。個人情報を扱う仕事なので、それらを片付けられないのは困ります。

だから、個人情報関連の書類は鍵のかかる引き出しに保管するよう徹底していましたが、その他の事務仕事がまったくできない。ただ、先輩たちが本当に良い方ばかりで、こんな私にも声を荒らげずに守ってくれるような方々だったのが救いでした」(三浦さん)

ようやく落ち着いて仕事に取り組めるようになった

リタリンに代わって登場したコンサータ(写真:筆者撮影)

診断後は病院から処方されたストラテラという薬を飲んだが、効果を実感できず、コンサータに変更。現在は落ち着いて仕事に取り組めるようになった。コンサータはリタリンに代わって登場した薬で、安易に処方できないよう医師の入念な診断を受けてから、指定の調剤薬局でないと出せない。

【2018年1月13日13時追記】記事初出時、「コンサータはリタリンの後発医薬品」とありましたが、誤りでしたので上記のように修正しました。

「薬は1日1回、朝飲みます。12時間効くもので、お昼に飲むと夜眠れなくなってしまうので、午後は飲まないようにしています。でも、10時間くらいで効果が薄れてくるので、残業をするとわかっている日は、朝飲んだ後、職場に就いて30分くらい経った9時頃、また飲みます。そうすると、多少残業したとしても効果が続くよう調整できるので。

これを飲んで初めて、片付けができるようになりました。これはここにしまうもの、これはいらないから捨てていいもの、という常人がやっている判断を25歳にしてやっとできたんです。『みんなはこれを普通のこととしてやっていたのか!』と衝撃を受けました。

一般の人でもわかるように例えるなら、近視のために初めてメガネをかけて、視界がクリアになった感覚です。あと、字がキレイになりました。おそらく、手先まで集中できるので、適切な筆圧で丁寧に字を書けるようになったのだと思います。小さい頃から字が汚くて親に怒られ、書道を習わされたのですが、それでもキレイな字が書けるようになりませんでした」(三浦さん)

次ページなぜ自立支援医療を利用しないのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IT巨人4社の正念場<br>GAFA包囲網

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、この4社をまとめてGAFAと呼ぶ。今、強烈な逆風が吹く。問題の本質はどこなのか?フェイスブックの情報管理部門責任者に直撃。