イスラエルとアラブ諸国の埋まらない食の溝

ひよこ豆の伝統料理をめぐって苛烈な舌戦

アメリカではフムスをラップサンドやトルティーヤの具として使ったり、その豊富な栄養価から、ハリウッド映画で人気女優がホルモンバランスを保つために食べるシーンが話題になったりなど、今やスーパーフードとしても、もてはやされている。

有名女性シェフのツイートをきっかけに

そんなフムスをめぐって今、争っているのが、ほかでもない中東のイスラエルとアラブ諸国なのだ。先述のアメリカの女性シェフ、レイチェルが、フムスなど中東のさまざまな前菜の写真を撮ってツイートした際に、「イスラエルの宴」と書いたことでアラブ諸国の人々から大反発の声が上がったのだ。ツイッター上には、主にパレスチナ人からこのような抗議の書き込みが怒涛のごとく相次いだ。

「おかしいわね、だって私のパレスチナとシリア系の祖父母はイスラエル建国以前からフムスなどを作っていたわ……」

「ちゃんと勉強してくれ。フムスはアラブ料理であり、パレスチナ料理であり、1948年(イスラエル建国の年)以前から存在してきたんだ! まだ間違いを認めて謝るのに遅くはないぞ」

「ばかげてる。これは“文化抹消行為”だ。フムスはイスラエル料理ではない、アラブ料理(レバノン、パレスチナ、シリア、ヨルダン)なのだ。イスラエル人たちはまず土地を奪い、民族浄化をした。そして今や、料理や文化まで自分たちのものだと主張をしてきはじめた!」

次ページたっぷりの皮肉を込めて
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT