「イスラム国の処刑人」は、普通の学生だった

元クローズアップ現代の国谷裕子氏が読む

戦争や内戦で疲弊し追い詰められた人々の声に耳を傾けていた後藤さん(写真:ロイター/アフロ)
IS(イスラム国)に引き渡された後藤健二さんがジハーディ・ジョンと呼ばれる黒ずくめの人物に"処刑"されたのが、2014年1月。このほど、このジハーディ・ジョンと生前接触のあった唯一のジャーナリスト、ロバート・バーカイクによる『ジハーディ・ジョンの生涯』という本が出版された。
英国の工科大学に通う物静かな学生エムワジが、イスラム国の処刑人として後藤健二さんを殺害し、米国のドローン攻撃によって命を落とすまでを描いたこのノンフィクションを、後藤さんと親交のあったクローズアップ現代の元キャスター国谷裕子が読み解く。

戦争が市民にもたらす苦悩を伝えようと

一昨年秋の渋谷のNHK放送センター。開いたエレベーターの中に日焼けした後藤健二さんの顔があった。彼はいつもの屈託のない笑顔で一言「おひさしぶり!」と声をかけてくれた。

しかし、次に見た後藤さんは、オレンジ色のジャンプスーツを着せられ、ひざまずかされたまま、険しい表情を浮かべ、まっすぐに前を見つめていた。

フリージャーナリスト後藤健二さんは、2000年7月以来、NHKのニュース番組やドキュメンタリー番組において数多くの映像を提供したり、リポートを制作していたが、私がキャスターを務めていた「クローズアップ現代」でも、彼が取材、制作した映像を使って3本の番組を放送している。プライベートでも私には共通の友人もいて、何度か後藤さんと会っていた。シエラレオネ、パレスチナ、アフガニスタン、ルワンダ。後藤さんは戦争や内戦で疲弊し追い詰められた人々の声に耳を傾けていた。「自分は決して戦場ジャーナリストではない」と周囲に語り、戦場の最前線報道ではなく戦争が市民にもたらす苦悩を伝えようとしていた。

次ページ戦争に翻弄される市民の声
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT