イスラエルとアラブ諸国の埋まらない食の溝

ひよこ豆の伝統料理をめぐって苛烈な舌戦

「頼むよ、ジョークのツイートだと言っておくれ。さもなくば、アラブ人がイスラエルのテクノロジーを使うときそれは“文化的抹消”となるのかい? あなたはインスタントメッセージ機能を使う? Waze(イスラエル発のナビゲーションアプリなどを手掛ける有名なスタートアップ)を使うか? もし使うなら、どうぞやめてくれ」

「僕が考えるより、一部の人たちはフムスをシリアスにとらえているようだ」

「まあ落ち着いてくれ。たかがフムスじゃないか」

一連のツイートの嵐は、メディアにも大きく取り上げられた。「フムスをめぐるツイッター上での戦争」「フードファイト! 敵はイスラエルがフムスを盗んだと言っているぞ」など挑戦的なタイトルで、イスラエル・パレスチナ側双方のメディアが相次いで報じる事態となっている。

フムスをめぐる論争は根深い

そもそも、フムスをめぐる対立は今に始まったことではない。

フムスの量でギネス世界記録を目指して、2010年にはイスラエル人のシェフたちが集結して4087キロもの巨大なフムスを作った。大きな皿が見当たらなかったため、直径6メートルもの衛星通信用のパラボラアンテナを皿に見立てて盛り付けられるという珍エピソード付きだが、実は、その数カ月前には、ライバルのレバノンが世界記録を達したばかり。

次ページその起源を争うことなくおいしくフムスを
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT