「ピンとこない相手」と結婚まで持ち込む方法

「比較検討」で長所が見える場合もある

ピンとこなかった相手を大好きになり成婚した。そんな事例とは?(写真:xiangtao / PIXTA)

「なんかピンとこないんですよね」

「今日のお見合いは、どうでしたか?」と会員たちに結果をたずねたときに、よく返ってくる言葉だ。

この「ピン」とは、何か? 理屈ではなく出会った瞬間に感じる直感のようなものなのだろう。先日お見合いした女性会員(37歳)は、「今までしてきたお見合の中で、いちばんピンときました!」と、声を弾ませて連絡をしてきたのだが、「ピンときた」と答える会員は希有で、9割方が、「ピンとこなかった」という。

それは、さもありなん。そもそもお見合いで“ピンとくる”相手に出会うことが難しいのだ。お見合いは、直感を働かせることがもっとも難しい出会い。見知らぬ人の場合、出会ったときの第一印象が、相手の最初の情報となる。そこに働くのは“直感”だろう。そして、時間を重ねていきながら相手のことを知っていく。

お見合いは直感を働かせることが難しい

この連載の一覧はコチラ

ところがお見合いの場合は、顔写真や身長、体重、仕事、年収、趣味など、相手のおおまかな情報を身上書で知り、その条件に納得した相手に会いに行く。すでに情報を知ったうえで会いに行くのだから、第六感のような直感を働かせるのは難しい。

情報をあらかじめ仕入れていると直感が働くどころか、情報と目の前の相手をすり合わせ、ジャッジをしてしまう。「写真はかなり修正していたな。可愛くない」「身長も体重もサバ読んでるよな」「写真に写っているよりも髪の毛が薄い」「えっ、お茶代が割り勘? 年収はあるのに、実はケチかも」などなど。加点法で見るのではなく減点法で見てしまうのだ。

仲人をしてきた経験則からいえば、お見合いにおいて、「ピンときた」「ピンとこなかった」という直感ほど、あてにならないものはない。前出の「今までお見合いしてきた中で、いちばんピンときました!」と言っていた会員女性の交際は、2カ月弱で終わった。逆に、最初は「ピンとこなかった」けれど、時間を重ねていくうちに相手のよさを見いだし、成婚にいたった例もある。

今回は、ピンとこなかった相手を大好きになり成婚した、そんな事例をご紹介しよう。

次ページ結婚をあせる理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。