婚活女性を骨抜きにする「アラフィフ男」の策

「恋多き女」は刺激とドラマを求めるものだ

恋多きタイプの女性が、結婚相談所で結婚相手を見つけるのはとても難しい(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

「横田さんとのお付き合いは、どう?」

昨年10月に見合いをし、交際に入っていた横田徹(46歳、仮名)との交際状況を聞くと武井由美(39歳、仮名)は、いったん口ごもり、とても言い出しづらそうに、こう切り出した。

なぜ“交際終了”となった相手と?

この連載の一覧はコチラ

「横田さんとメールのやり取りはしているんですが、最近はあまりお会いしていなくて。それで、あの実は……佐伯さん(49歳、仮名)と復活したというか。1カ月くらい前にメールをいただいて、ここのところ頻繁にお会いしているんです。なんだかこちらがうまくいきそうで……」

「えっ? 佐伯さんって、あの“交際終了”になった佐伯さん?」

「はい」

佐伯は8月に見合いをした相手だ。交際に入ったのだが、5回会ったところで向こうから“交際終了”を出してきた。彼女は、見合い直後から彼に夢中になっていたので、そのときは見ていて気の毒なくらい落ち込んでいた。

横田とは佐伯との交際が終わった直後に見合いをし、交際に入っていた。横田と交際していたはずの由美が、なぜ“交際終了”になった佐伯とまた会っているのか?

そもそも交際終了になった相手に連絡を入れるのは、結婚相談所内ではタブーな行為とされている。放置すればストーカー行為にもつながるからだ。ペナルティが科される場合もある。

由美もルール違反だとわかっていたから、私には黙って佐伯に会っていたのだろう。ただ、大好きだったのに振られた相手からの連絡。ルール違反だとわかっていても、二つ返事で会いに行ったに違いない。

「実は、最近結婚の話も出てきているんです」

由美はうれしさを押し殺すように言った。

次ページルール違反もさることながら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。